『ユーラシアン・ジャーニー』と『神話の力』

これは僕のCDの『ユーラシアン・ジャーニー』やピアノやアコーディアンで演奏される『ユーラシアン・タンゴ』を書いた時に引用したジョーゼフ・キャンベルの神話の力からの言葉です。僕の手元に日本語版がないので、英語で言葉で書いて、なぜ今意味があると思っているかを下記に書きます。
多くの人たちがこのような私の曲を演奏してくれるのはありがたいが、どういう意味を含んでいるかを、理解しないままやっているのは私にとって悲しい部分がある。私の書いている事と賛成していなくても、良いのだ。人間がみんな違う考えを持つのが当たり前だから。

From “The Power of Myths” by Joseph Campbell with Bill Moyers. (page 107) -日本語では『神話の力』として訳されている。

Campbell: There is an old romantic idea in German, “das Volk dichtet”, which says that the ideas and poetry of the traditional cultures come out of the folk. They do not. They come out of an elite experience, the experience of people particulary gifted, whose ears are open to the songs of the universe.

Moyers: who would have been the equivalent of the poets today.

Campbell: The shamans. The shaman is the person, male or female, who in his late childhood or early youth has an overwhelming psychological experience that turns him totally inward. It’s a kind of schizophrenic crack-up. The whole unconscious opens up, and the shaman falls into it.

Moyers:And ecstasy is a part of it.
Campbell: It is
Moyers:The trance dance, for example, in the bushman society.

“Volk” ( 英語でfolk)というコンセプトは19世紀に発展したヨーロッパのロマン派時代のアイディアである。ヨーロッパのEnlightment philosopphers (啓蒙思想家達)にその元はあったが、18世紀のフランス革命で、その影響力は広がった。 ”民衆””人民””民族”等の言葉やそのアイディアは、この時代のヨーロッパに起きたことから、その近代的な意味が作られた。ドイツという国はなかった。イタリアという国もなかった。日本も韓国もなかった。中国は満州族の支配する帝国だった。民族国家ではなかった。今でも民族国家ではない。
殆ど人たちは、この時代では旅をする事が出来なかった。どこどこ村の一郎兄さんだったりした。”私は日本人”、あるいは”イタリア人”といった意識はなかった。近代国家を作るために、民族というフィックションを作る必要があった。
僕がYokohama International School と言った学校に行っていた時に、そこの歴史の先生は、ヨーロッパでは昔はカソッリクであるかプロテスタントであるかが戦争を始める理由だった。私は”イギリス人”であるという意識は大英帝国と共に始まり、大英帝国を支えるものだった。これを日本におきかえると、”日本人”というものは大日本帝国を作るために作られたフィックションである、ということになる。朝鮮、中国、そしてアジアを支配しやくするために作られた存在でもある。
現代の中国は、この事を分かった上で政治を行っている、と思う。数年前の、尖閣諸島に対するでもで、沖縄は中国のものだとかいたるプラカードが目立っていた。それから、中国が中国の少数民族としている人々のリストを見ると、沖縄の人は”琉球人”として中国人の少数民族になっていた。日本人も大和民族としてそのリストに入っている。日本が中国人と呼んでいるのは、漢民族の事だ。中国は元々はローマ時代と同じ頃に作られた帝国であり、支配している全ての民族を中国人としている。ローマ帝国に住む人々がローマ人であったと同じように。中国からするとチベット人も中国人であり、新疆に住むトルコ系の民族も中国人である。”琉球人”は中国人であると主張は最近もっと中国で増えている。実は、大和民族は全て中国人であり、日本人が大和民族(日本)を侵略して支配しているとも言える。”日本人”という存在は、大日本帝国を作るために作られたフィックションのもので、アジア(特に中国)を支配する思想で作られていたと考えれば、これも理解できるだろう。これは、もちろん、未来に”日本”というフィックションは中国の一部になるべきだという主張になる。

これを見ている多くの人たちは自分は”日本人”という意識を持っているだろうか?僕にとってはそれは何にを指しているものだろうと思ってしまう。『民衆のために』とかのようなサインを見ると、いったい何の幻想をこのような事を言う人は見ていたのだろう、とつい思ってしまう。ただ、ある時代では、左翼である事がインテリぽく、カッコイイと見えた事が分かる。その”people”という存在は今やヨーロッパのロマン派時代から生き残った亡霊のように聴こえてくる。しかし、川が逆に流れないと同じように、昔に行った事は、未来には同じ意味を持たないように思う。

最もアイデンティティーの意識が薄い人がナショナリストや宗教の原理主義者になる。9月11日のニューヨークのテロを行った人たちのバックグラウンドを見ると、イスラム教の国で教育を受けていない人々が多かった。

RSA (Royal Society for the encouragement of the Arts)で近年にレクチャーしている哲学者達の中には、、原始部族では親族同士にempathy(共感覚)があり、王国や帝国には同じ宗教うを持つ事にempathy(共感覚)があった。民族国家は、民族という今までなかったアイデンティティーを作ったが、これからは、そこから発展して、グローバルなempathy(共感覚)を作れるはずだ、という人もいる。別な人は、今のグローバルな経済社会は壊れつつあり、昔のトライバル(原始部族的)な社会から学ぶべきだと考える人もいる。また、別の人は20世紀までにあったユートピア的な考えは完全に終わったと書いている。そして、人間社会は常にプログレス(発展)していくという近代の西洋の考えを捨てるべきだという人もいる。人間のテクノロジーが進化しても、人間自体は進化出来ない。人間にとっては、宗教や暴力は遊びやセックスと共に必要だろう、と書く哲学者もいる。この考え方とは別に、人間は今までも問題を直面するとそれの答えを探し出す能力があったわけだから、今は見つかっていなくても現代が抱えている様々な問題をきっと解決していくだろう、と書く人もいる。そして、生命科学等がわずかの間で、どれだけ発展したかを例に出している。

近代国家という形は、崩壊に向かっているように見えるが、どうなっていくかはまだ誰も言えないだろう。アメリカが雄一のスーパー ・パワーとされていた20世紀の終わりのすぐ後に、『テロと戦う』という名目で、恐怖で支配する政治の時代が始まった。恐怖を使わないと、支配し辛くなっている。携帯電話も、コンピューターでみんながつながっていることも、現在の支配する方法である。ナチ時代のような表面化した支配の仕方は、今では難しい。そして今では、、19世紀の考え方も、20世紀の考え方も当てはまらなくなった。新しいルールで新しく考える時代が始まった。それは、コミュニズムでも、ナショナリズムでも、アナーキズムでも、グローバリズムでもなかった。そしてキリスト教でも、仏教でも、イスラム教でもなかった。ヒッピーでも、、ニューエイジ・スピリチュアルでもなかった。おそらく人間が何であるかを見つめることから始まるだろう。それは、自分は何であるかを理解する事でもあると思う。それは内面を見る事とも違う。人間を冷静に見ていると、自分の内面も見えて来る
崩壊の時代には、崩壊の時代の生き方がある。そして新しい時代には、新しい時代の生き方があるだろう。まだそれに言葉は付いていない。誰もこれだと言えるわけではないが、それが面白い。

今の時代がコンサーバティブ(保守的)に見えるのは、多くの人々が崩れていく毎日の中で、昔の生き方に必死にしがみ付いているからだろう。しかし、時代をよく見つめると、今で想像が出来なかったほど時代は変わって来ているように見える。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s