ジャン・ルイ・バローの『天井桟敷の人々』

ジャン・ルイ・バローの最も知られている映画『天井桟敷の人々』からの予告編。『天井桟敷の人々』 はバローのアイディアで台本が書かれ、映画化された。彼のパントマイムの仲間が中心の役を演じている。バローは主役のバプティストを演じている。戦後の 1946年に、『天井桟敷の人々』の演劇ヴァージョンで、二十歳になったばかりのピエール・ブーレーズがオンマルトノの演奏者として出演した。その後 1968年まで、ブーレーズはジャン・ルイ・バローの演劇の音楽監督になり、Domain Musicalという音楽フェスティヴァルをバローと共に企画した。
https://www.youtube.com/watch?v=bmbVA18XRIk

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s