今度のドルの暴落について

この間、カナダの面白いニュース番組のインタビューがyoutubeにあったので、ここにリンクします。
『私はアナーキストです』とベストセラーの本をいくつか書いた、この経済学のジャーナリストは、今年のインタビューで語る。『今までは、経済を分析するジャーナリストとして、仕事をしてきたが、この3年位で、ドルは今まで考えられなかったほど暴落してしまう。今度はリーマン・ショックの程度では終わらない。何故かは、今の経済を見ているとよく分かる。その暴落のスタートは、福島の原発の事故から始まっている』、と彼は言う。現在の様々な戦争は資源の争いがバックグラウンドにある。ここで彼は言っていないが、Rwandaで起きていたルワンダ虐殺も民族戦争のようにニュースで伝わっていたが、水が足りないということから始まっていた。表面的に、宗教戦争や民族戦争となっているもの多くには、別の理由がひそんでいる。彼が言うには、資源が足りないところで、原子力が使えなくなる運動が広がっていくと、経済破綻にもつながって行く。経済的に日本が落ちると、今でもの完全に赤字国家になっているアメリカも引っ張られて落ちてしまう。そして、資源が足りないアメリカはカナダの資源を狙うことになるだろう。それだけではなく、その歪みは社会的にも国際的にも大きな影響を与える。多民族国家で暴動が始まった場合は、他の国よりも押さえつける方法をよくプラニングしないといけなくなる。そこで、ブッシュ時代から始まっているテロや犯罪で恐怖に人を脅かして支配する方法が役に立って行くだろう。
このジャーナリストは、ドルの暴落が新しいアナーキスト(無政府)・コミューニティーを作るためのきっかけになるだろう、と言う。そして、彼は南米のチリで、そのコミューニティーを始めるために引っ越して、その準備をしていると語っている。
日本にいると、アフリカで水が足りなくなって、何万人の人が殺しあって死んだ、と読んでもあまりピントこないはずだ。資源が足りなくなると、その歪みは経済的に豊かな国よりもまず第三世界に影響を与えてしまう。
人によっては、今度のドルの暴落は、ローマ帝国の崩壊のようになるだろうと予言する人もいる。
世の中にはいろいろな人がいる。それが面白い。その人の意見と同意しなくてもよい。いろいろな人を見ることによって、時代のいろいろな面が分かる。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s