英語詞と日本語詞の違い

最近、言葉と音楽について考えていた。80年代に、僕がまだMIDIのアーチストだった頃に、吉田美奈子さんと英語詞と 日本語詞の違いについて話した事があった。吉田美奈子さんは、英語詞では、ダブル・ミーニングやアイロニーが使えて、言葉に一つの意味だけではなく、はっきりと物事を言っていそうなに見えても、二重にも三重にも意味を持たせる事が出来るが、日本語詞でははっきりと物事を言っていなさそうに見えながら、実は一つのはっきりとした意味があると言っていた。これで、僕にとって、あるミステリーが分かった気になった。
英語詞を日本語に直訳すると押し付けがましい感じがするため、その元の曲のイメージさえも変わってしまう。英語詞とは響きでもある。聴くものとして作られている事が多い。シェークスピアの劇が英語で唱えるだけで音楽に聴こえるのは、響きやリズムを考えて作ってあるからだ。ロックでもラップでもそうだ。
また、大人の思考は言葉を使って考えている。言葉を習う子供を見ていると、言葉を覚えるための基礎は持っていたり、意思を表明するためのコミューニケーション機能は持っているが、実際に何語を話すようになるかは育った国によるものだ。これは様々な言語学者や生命科学者がすでに、書いていることだ。15歳頃までアメリカで過ごしたものは、その育った環境の言葉を話す。(英語が殆どだが、プエルト・リカンのコミュニティーや中華街の人々は、その先祖の言葉を話している場合もある。)
僕の場合は、英語でしか思考が動かない。音楽を作る時でも、まず英語で言葉を書く。そして、それに音を付けて行く。歌の曲だけではなく、ピアノ曲であっても、弦楽四重奏曲であっても、CMのインストの曲であっても、映画の為のインストの曲でもそうだ。英語の言葉を使ってイメージを描く。直接メロディーや音楽が頭で響いた覚えがない。言葉で考えないと、音も浮かばない。これは歌詞を考えるという事とも違う。意味を考える事とも違う場合がある。リズムかもしれない。イメージかもしれない。いくつかのそういった要素を同時に言葉に持たせているのかもしれない。
しかし、詩の朗読のように音楽を考え、それを演奏家に渡すと、それが伝わらなかったりする。自分が演奏する時は、テンポのその時の気分で遅くしたり、ダイナミックスを上げたり出来るが、その指定を全て譜面に書いてしまうと、結果的に想像しているものとは別の響きになる事もよくある。それはその言葉でイメージしていた事が見えて来ない場合だ。
90年の頃に、日本のポップスの曲を頼まれた時も、最初英語で言葉を書いてから、その周りに曲が浮かんできた。日本のポップスでは、メロディーが先に作られ、それに合わせて作詞家が付ける事が多いので、僕の詩は最終的には使われていないが、言葉を書いていなかったら、音も作れなかった。

80年代の頃に、『日本人の方が英語のロックを理解する事が出来る。何故ならば、内容の意味が分からないから音がより分かるのだ』と僕に語ったミュージシャンがいた。これは歌詞が邪魔だとという意見ともつながる。しかし、日本語では一つの意味しか考えられない事が多いとなれば、一つの詩で様々な意味のメタフォアが作るのが大変になる。そして、歌詞が一つの意味を押し付けているように見えるようになる。
しかし、意味がない行動は、はたしてあるのだろうか?動物は必然性のない事をしない。スティーヴン・ピンカーのような言語学者が動物の言葉(音)の使い方についても研究するのは、その意味を探っているからだ。例えば『ゴロゴロドー、ゴロゴドゴド』等のヒキガエルの響きを聴いたとしても、言語学者にとっては、その意味を研究する。
中国と日本語が日中国交正常化した時に、中国の首相、周恩来は田中角栄首相に、『漢字を日本に伝えてしまってすみません』と言った話を読んだ事がある。漢字を読む事によって、同じ響きで別の意味を言葉で持つ事も難しくなったりする。人はみんな意味を重視してしまう。だから、言葉がよけい重い物になってしまう。これが日本語の不幸だと僕には思えてしまう。韓国がハングル文字を中心にしたように、ひらがなやカタカナで何とか出来なかったものか?今からでも遅いのか?

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s