アンディー・ワォーホル回顧展についての記事

最近、タワーレコードで無料で配られているフリー・マガジンINTOXICATEに森美術館で行われているアンディー・ワォーホル回顧展についての記事を 書いた。今回の回顧展では、アンディー・ワォーホルの語った言葉が美術館の壁に書いてあり、彼の生い立ち、商品広告のイラストレーターとして仕事を始めた 時代から20世紀を代表するアーティストとして認められた彼が、どのように生きて、どのように考えていたかが一般的にも伝わりやすい展示になっている。音 楽家としてはヴェルヴェット・アンダーグラウンドやニコがアンディー・ワォーホルの仕事場ファクトリーでリハーサルしているところを取った映像やデビッ ト・ボウイが始めてワォーホルを尋ねて、マイムを彼に見せているところの映像が見れるのがうれしい。
ここに載っているよりも数倍の長さの記事を書きたかったが、スペースがなかったので、僕が小学生の時に会ったアンディー・ワォーホルの印象から記事が始まっています。よかったら、見てみてください。タワーレコードのホームページにも載っています。
http://tower.jp/article/series/2014/02/21/a_warhol

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s