Alban Berg  と George Gershwin

ウ イーンの作曲家、Alban Berg(アルバン・ベルグ)は毎日午後のラジオのジャズの番組を楽しんで聴いていた。Alban Bergはアメリカの作曲家George Gershwin(ジョージ・ガーシュイン)がヨーロッパに来た時に、一緒に小さなコンサートをやることになった。Alban BergはGershwinの自作自演を聴ける事に喜んでいた。Alban Bergの弦楽四重奏の作品の後に演奏するはずだった。しかし、Alban Bergの弦楽四重奏曲『Lyric Suite』を聴くとGershwinはビクビクしてしまった。あまりにもAlban Bergの作曲の技術がすごいとと思って、彼は演奏する自身をなくしてしまった。Alban BergはGershwinに”Mr.Gershwin, music is music”と言って、演奏を続けるように求めた。Alban BergはGeorge Gershwinは最も好きな作曲家の一人だと後にも言っていた。George Gershwinはこの経験の後に、作曲家Stravinsky(ストラビンスキー)のところに行って、作曲を教えてくれと頼んだ。Stravinsky は『去年いくら稼いだ』とGershwinに聞いた。Gershwinがそれに正直に答えてしまうと、Stravinskyは『それなら、私があなたに学 ぶべきだ』と答えた。Gershwinは作曲家Ravel (ラヴェル)にも教えてくれと頼んだが、Gershwinは自分のスタイルを持っているから必要がないと言われた。Gershwinはアメリカに戻ってか ら、このヨーロッパの旅で最も印象的な出会いはAlban Bergとの出会いだと語った。その後、GershwinはAlban Bergのサイン入り写真を部屋に飾っていた。

http://www.youtube.com/watch?v=qD9RgfXP9n8

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s