『Savage Messiah』(狂えるメサイア)

(Movie is in English. Some quotations in English below)
ドビュッシーの『ノクターン』は、この映画『Savage Messiah』(狂えるメサイア)に素晴らしい効果を与えている。この曲は、数年前の僕の『ドビュッシー・シリーズ』の為のコンサートにトイ・ピアノ、 プリペアド・ピアノ、アコーディオン、ギター、ヴォーカル等を使った編成に編曲をして、僕のワークショップ等でもやっていたが、この映画で聴いたのが最初 の記憶だった。15:12からこの映画の抜粋で始まっている。
この映画は僕の最も好きな映画の一つ。ザ・フーのピート・タウンゼンドもこの映画を見て、ケン・ラッセルに彼の作詞作曲した『トミー』を任せられると思った、と書いている。

この映画はアンリ・ゴーディエ=ブルゼスカ (Henri Gaudier-Brzeska)(10月4日1891年- 6月5日1915年)の伝記映画。アンリ・ゴーディエ=ブルゼスカは第一次世界大戦以前に詩人エズラ・パウンドと親しく、 ヴォーティシズム の芸術運動の登場を引き起こした主要人物とされている彫刻家。20世紀前半に短い生涯でジェームス・ジョイス等と共にモダニズム誕生における重要な役割を したとイギリスの美術史ではみられていて、ロンドンのテート・ギャラリー等で彼の作品は見れる。
この映画からの20分の抜粋では、ショーというギャラリー・オウナーに、『最近マーブルでトルソー を作った』と言ってしまう。ショーは『それでは、明日見せてもらうかな?』と言う。実はまだゴーディエ=ブルゼスカは作っていなかったので、彼の妹(実は 恋人)のソフィーとアート・ディラーのアンガス・コーキーと共に墓場からマーブルの石を盗んで一晩で彫刻を刻んで作る。石を刻んでいる時に語っている言葉 が素晴らしい。芸術家は何か?アートとは何か?彼は23歳で亡くなったアーティストだが、この言葉を、ケン・ラッスルは彼の手紙を本にした物から読んで映 画化したいと考えたらしい。ちょうどケン・ラッスルも同じように考えていた言葉を本からピック・アップしたのだと思う。
ショーは画廊に用事があるという電報.を出して、約束を破りゴーディエ=ブルゼスカを見に来ない。怒ったゴーディエ=ブルゼスカは彼の画廊に作った彫刻を持って行って窓からそれを投げて画廊の窓ガラスを壊してしまう。
ギャラリー・オウナーのショーは新しい美術とダンスのショーが上演されるクラブもやっている。そこで、アート・ディラーのアンガス・コーキーはゴーディ エ=ブルゼスカからもらった手紙を読み上げる。実はゴーディエ=ブルゼスカはs第一次大戦戦争に戦いに行って亡くなったのだった。彼が亡くなった後に、彼 の初めての個展が大きな画廊で行う。ここにドビュッシーの『ノクターン』からの『雲』がバックに効果的に流れる。
このあらすじさえ分かれば、この映画の抜粋は見れると思う。英語が直接に分からなくても是非見てみてください。アートに興味を持っている人にとっては宝物の映画だと思います。
————-
キヤストはアンリ・ゴーディエ=ブルゼスカ(Scott Antony )ソフィー・ブルゼスカ(Dorothy Tutin)アンガス・コーキー(Lindsay Kemp )。
ソフィーを演じているドロシー・トゥティンは僕の好きな作家、ジャネット・ウインターソンが曲本を書いた映画『Shades of Fear』にジョン・ハートやヴェネッサ・レッドグレーヴ等と共演していた。アンガス・コーキーを演じるリンゼイ・ケンプはデビット・ボウイやケイト・ ブッシュ等にもマイムやダンスを教えた事でも知られているダンサー。ケン・ラッスルやデレック・ジャーマンの映画にはいくつか出演している。

好きな言葉を下記に並べて見ました:

9:13
An artist needs an audience.
There is no artist that doesn’t need an audience.
If there is , he is a saint before he is an artist.
Pain, paint, paint, all day long.
Selling nothing.
But what does he care?
His father is a banker.
You would wrong to be taken in by that solitary genius stuff.
Of course I do it because it pleases me.
If it doesn’t give anything while doing it, how the hell is it going to give anybody else?

どんな芸術家でも聞き手を必要とする。聞き手が必要としないアーチストは存在しない。そんな事を言ううひとは聖人か銀行家の息子だろう。一日中芸術の為に 絵を書いて、何も売れなくても良いとしたら、銀行家の子孫としてしか思えない。孤独の芸術家みたいなロマンチックなイメージは騙しだ。もちろん、自分が好 きだからやっている。自分に意味がなけれなば、人もそれに意味を見いだせないだろう。
————————–
この言葉は好きだ。最初、中学生や高校性の頃に、自分の書いた物語や詩を読むとクラスの人たちからの反応があったら、今でも僕はパフォーマーをやってい る。その人たちからどんな反応が来るかがいつも楽しみだった。心の中では、まだその人たちに語っている部分もあるかもしれない。詩や音楽はどれかに伝えた い事があるから存在するのだと思う。その”誰か”というのは一人から始まっているかもしれないし、数人かもしれないが、心の中でその”誰か”がいるのだと 思う。
また、自分のために芸術を作っているという人はカッコ付けているのか、趣味でやっている人だろう。アートを作るというのは人には伝えたいというところから 始まる。そして、それをどうやって人に伝えて広げて行くかと考える。売れなくても良いと考える人はアーティストではない。
ところで、この映画でアート・ディラーの役を演じているリンゼイ・ケンプも、ロンドンのビクトリア駅周辺のストリート・パフォーマーとしてキャリアが始まった。
————————-

8:09
The only kind of work I like is when every blow is a good one.
Where you know the man can see what he wants in the stone before he opens the stone.
No messing about.
Yet unless you let the stone influence you, you’re lost.
8:43
Every blow must be a true one. Every blow is a risk.
You take your whole life in your hands.

石に刻む全ての動きは真実を語っているべきだ。
一つ一つ刻みは危険性を持っている。
自分の命をそこに捧げるべきだ。
8:50
You can always tell a bad artist like a bad doctor by the fact that he always tries to suuround his art by some hocus-pocus.
Sure there’s a mystery. But then it is as much a mystery to the one who is doing it as to the one who is looking at it.
悪い芸術家は悪いドクターのようにすぐ分かってしまう。なんらかのギミックで自分のアートを囲もうとするからだ。
もちろん、アートにはミステリーがある。しかし、そのミステリーは、その作り手にとっても、それを鑑賞する人にとっても同じ位ミステリアスだ。

https://www.youtube.com/watch?v=nEQPm9l1skI&feature=youtu.be

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s