人は予想していないところから始まる出来事や出会いから人生が変わったりする。

1F4A0708人は予想していないところから始まる出来事や出会いから人生が変わったり、キャリアが始まったりする。
このfacebookに多くの”友人”がいてくれますが、どのように音楽を仕事として、僕が始められるようになったのを知っている人は少ない気がする。
80年代の初めころは僕にとって生きていくのに辛い時期だった。17歳まで英語の学校にしか行っていなく、英文学と歴史が一番好きだった自分が、それが全 く通じない日本に住まなければ行けなくなっていた。もちろん、誰も知らない。文化も分からない。言葉もほとんど読めない。家族はそれぞれ離婚で問題があ り、助けにはならない。友達もいない。その頃、イールドッグスという名前の日本人が含まれるバンドが東京でライブをやりに来ていた。見に行ったところ、ア ンビエント・ミュージックやニューエイジを出来るアーティストを探している元キャロルと矢沢永吉のマネージャーの妻がいた。80年代の初めには、アンビエ ント・ミュージックやニューエイジが流行るという話が流れていて、僕がやってみると良いかも、という話しがあった。
それほどよく知っている人たちではなく、 いろいろな誤解もあったかもしれないが、僕にとってそれまでの人生を抜け出せる機会となった。ちゃんとした録音スタジオでレコーディング出来るというの は、何が出来るかを見せる機会となる。最初の録音はおそらくその程度のものだったと思うが、エピック・ソニーから出してもらえた。これはある種の『救いの 手』だったと思っている。それがなかったら、その後の事も見えなかった。
こうした出会いは、重要だったりする。今週末にシナトラやジョビンの曲をBGMとして横浜のレストランで歌うが、ここでブッキングをやっている人も元キャロルの人たち親しい人で、話しをしていると何らかのつながりが感じられる。
生きていると、どういうところでどういう人と出会い、それがどうつながって人生が変わっていくのかが分からない。それも、そこにいる人たちさえも、誰も分からない。それが生きていて面白い事の一つだろう。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s