Ayuo – A Dream sequence in 14 colors Third Version

2008年に金沢21世紀美術館で粟津潔展「荒野のグラフィズム」が4ヶ月間やっていた。その間に4回コンサートをそこで演奏させていただいた。そして図 形楽譜のワークショップをやりました。このヴィデオの音はそこで集まってくれた人たちの演奏Ayuoの『14色の夢の場面』。映像は建築家の原公司のデザ インした光のロボット。図形楽譜とは通常の5線譜ではなく、図面等の別の方法で演奏する音を表すもの。この作品は一枚の紙に色鉛筆で色の線が書いてある。 一つの色は一つの音のモード(音階)を表している。色と音は昔からつながっている。共通感覚は子供の頃は誰でも持っていたと言われているが、共通感覚とは 音が色として感じたり、色が音として感じる感覚だ。大人になっても持っている人もいる。メゾソプラノ歌手の波多野睦美は共通感覚を持っていると語ってい た。ニューエイジの作曲家、Steven Halpernは次のような文書を書いている:光は音よりも40オクターヴ上にある電磁波のものだ。Aの音のように440の周波数で振動している音がある とすると、赤色は一秒間に430trillion(430兆)で振動している。
イギリスのコーニリアス・カーデューが始めていたスクラッチ・オーケストラはよく簡単な図形楽譜から曲を演奏していた。そのムーヴメントに参加していたブ ライアン・イーノはオブスキュアというレコード・レーベルを立ち上げて、そうした作品をいくつも70年代後半に紹介していた。マイケル・ナイマン、ギャビ ン・ブライヤーズ、クリストファー・ホッブス、ハロルド・バッド、ジョン・アダムス、ペンギン・カフェ・オーケストラ等の作品をこのレーベルから紹介して いた。
Ayuoの『14色の夢の場面』は最初1978年に作った。1982年頃にカーデューの作品『The Great Learning』等を演奏したコンサートを僕が当時一緒にやっていた人達と企画した。
このワークショップは面白く出来る。この映像で演奏している人たちは全員アマチュアである。たまたま、金沢21世紀美術館の方で集めた人達が演奏してい る。しかし、現代美術館で演奏しているわけだから、その感覚はどこか持っているはずだ。プロの演奏家がやっている演奏にも負けない強さがこの演奏にある。
また、このようなワークショップをやってみたい。
https://www.youtube.com/watch?v=fkpoHFDhbdI

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s