Eurasian Tango 5 by Ayuo choreographed by Martin Lawrance

(Short English summary below)
僕の作曲したEurasian Tango 5に振り付けたコンテンポラリー・ダンス作品”BRINK”の素晴らしい映像がyoutubeに載っている。この作品はイギリスの歴史と伝統のある Sadler’s Wells Theatre (サドラーズ・ウェルズ劇場)で初演され、昨年はスコットランドのシアター・ロイヤルで上演され、ついこないだの春にもイギリスのExeter Theatreで上演されていた。Sadler’s Wells Theatre はイギリスでバレエを広めた事によって最も知られている。現在の英国ロイヤルバレエ団は1947年までSadler’s Wells Ballet (サドラーズ・ウェルズ・バレエ団)として活動していた。ロイヤル・オペラ・ハウスが第二次大戦後作られた事によって、団体名を英国のロイヤル・バレエ団 と改名をした。今はバレエの定番となっているチャイコフスキーの『白鳥の湖』の全曲番のイギリス初演も、この劇場で行われた。ロバート・ヘルプマンが主役 のジークフリート王子だった。マーゴ・フォンテイン とロバート・ヘルプマンはここで『ジゼル』や『眠りの森の美女』をパートナーとして踊っていた。男性が白鳥を踊るマシュー・ボーンの「白鳥の湖」もこの劇 場で初演された。次に来る時代の新しいダンスを広める役割をして来た事で知られる劇場だ。今ではマシュー・ボーン、シルヴィ・ギエム、クリストファー・ ウィールドン、等をアソシエイト・アーティストとして登録し、新たな作品の共同制作を行っている。イギリスの最もメイジャーな新聞、The Guardianのレビューではぼくのタンゴの音楽とダンスについて次のように書かれていた:

The opening few minutes of Red Run rank among the finest choreography Richard Alston has yet created. Red Run is a hard act to follow, but Martin Lawrance’s Brink acts as a surprising counterpoint. Set to Japanese tango music, it relocates the feisty, erotic rhetoric of tango to a new 21st-century cultural mix. Particularly arresting is the middle duet in which Lawrance and an elegantly pregnant Sonja Peedo alternate between delicate, almost origami gestures of courtship and an argumentative race for primacy.
このようなところに、このように”21世紀に開かれる新しいミックス・カルチャー”として書いてくれると、今はこのようにがんばっているが、未来があるのではと感じさせる。何とか日本で来日公演出来ないだろうかと心の中で僕は思ってしまう。
動きと音と詩が自分の作品の中心となって来ている。この4ー5年間はフラ・ダンスを週4回、バレエを週2回そしてジャズ・ダンスを週回ローカルなジムで自分もダンスの生徒として通っている。もはや、それで身体の全体のバランスをとるようになっている。

是非、この映像を見てみてください。
曲は1:10位から始まる。
—————-
This is a wonderful video of my composition Eurasian Tango 5 choreographed by Martin Lawrance. It premiered at Sadler’s Wells Theatre, and there are now many repeat performances. Last year it was performed at the Theatre Royal, Glasgow in Scotland and it was just performed at the Exeter Theatre this spring. In the Ensglish newspaper, The Guardian, I found the following review of my music and the dance:

“The opening few minutes of Red Run rank among the finest choreography Richard Alston has yet created. Red Run is a hard act to follow, but Martin Lawrance’s Brink acts as a surprising counterpoint. Set to Japanese tango music, it relocates the feisty, erotic rhetoric of tango to a new 21st-century cultural mix. Particularly arresting is the middle duet in which Lawrance and an elegantly pregnant Sonja Peedo alternate between delicate, almost origami gestures of courtship and an argumentative race for primacy.”

Watching and reading things like this is really encouraging for me. It makes me feel that there may be a bright future for my works.
I hope one day they can perform this in Japan.
Music begins at around 1:10.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s