Pete Townshend talks about KenRussell’s “Tommy” and WW2 ザ・フーのピート・タウンゼンドが第二次大戦争と映画『トミー』について語る。

(English Below)
ザ・フーのピート・タウンゼンドが第二次大戦争と映画『トミー』について語る。世間にある多くの反戦歌や反戦のスローガンよりも、彼の声から伝わる戦争の 悲惨さの方がインパクトが強いように感じる。彼はここで殆どのイギリス人が第二次大戦争で体験した事とそれがケン・ラッスルの映画『トミー』でどう使われ ているかを語っている。細かい小道具でもイギリス人には伝わる意味が込まれていたりする。ピート・タウンゼンドは『トミー』のストーリーの作者であり、作 詞・作曲をほとんどやっている。最初は個人のプロジェクトとして書いていたが、ロジャー・ダルトリーが自分のバンド、ザ・フーでやりたいと言った時、初め 彼はびっくりしたらしいが、ザ・フーの音楽を世界中に知らせる作品となった・その後、映画もミュージカル番も出来た。

あまりこのような事をfacebookに載せない”私”ですが、これは重要なメッセージ。
特に4:18から5:50までの彼の声のトーンを聴いて見てください。
日本語字幕付き。

Pete Townshend talks about KenRussell’s “Tommy” and WW2

If anyone ever doubts how tragic the results of war can be, they should look at this interview.
The way Pete Townshend talks and what you can feel from his voice should convince most people of the horrors of war.
This works more than most anti-war songs and slogans.
Here he describes what most English people faced in World War Two, and how it is expressed in Ken Russell’s movie “Tommy”.
Pete Townshend is the story writer, lyricist and composer of most of the songs in “Tommy”.
It was originally conceived as a solo project. He was first surprised when Roger Daltley, the leader of THE WHO said that he wanted to do “Tommy.”, but “Tommy” became a huge success for THE WHO, and later became movie and a musical.

What he says here is important.
Please watch this.
https://www.youtube.com/watch?v=PWBQ8o-zVxM&feature=youtu.be

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s