Eurasian Tango (He Needs Something To Believe In )について

ブズーキで2014年の11月のコンサートで演奏する予定の曲の一つ。来月はまず渋谷のLast Waltzで11月6日でコンサートがあります。そして埼玉で11月15日にあります。
https://www.facebook.com/events/551523468326563/

https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=600120296753751&id=523623201070128

これは伝統的なレンベティカ(ブズーキの弾き語り)のスタイルで作った曲。この曲はアコーディオン・ソロ、あるいはピアノ・ソロ曲としてEurasian Tango No.3としても演奏されている。また、コンテンポラリー・ダンスの作品の音楽としても演奏されている。
次のリンクはイギリスのRichard Alston Dance company の公演からです。

https://www.youtube.com/watch?v=N-9bxqhXam4

The instrumental version of this song performed on accordion or piano is known as “Eurasian Tango No.3”
It is performed as a solo piece as well as with dance:

https://www.youtube.com/watch?v=N-9bxqhXam4

This version is performed by:

Ayuo: Vocals, Bouzouki, Bass, Lyrics and Music
Wataru Ohkuma (大熊ワタル): Clarinet
Keisuke Ohta (太田惠資).: Violin, Middle Eastern style singing
Clive Deamer: Drums, Turkish Percussion

Clive Deamer はイギリスのバースに住むドラマー。PortisheadやRobertPlantとの共演で知られている。

This was recorded by David Lord in Bath, England for Ayuo’s “Earth Guitar” CD

https://www.youtube.com/watch?v=HV3Zaw9DWPg

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s