Ayuoの歌うジョージ・ガーシュインの”How Long Has This been Going On?”

Ayuoの歌うジョージ・ガーシュインの『How Long Has This been Going On?』 ”Funny Face” (パリの恋人)より.
(English translation is on the youtube link. please click the link for a full translation.)
11月6日、2014年の渋谷ラスト・ワルツでの演奏。
ピアノ演奏は瀬尾真喜子

手の動かし方が、自然にフラ・ダンスの手話的な動きに影響されているように見える。ここでの手の動きは即興的にやっている。
70年代初期にジェネシスのピーター・ガブリエルの演じる『The Lamb Lies Down On Broadway』や『Musical Box』を見た影響で、いつかは手話的な動きやマイムを付けた物語と歌のパフォーマンスを作って行こうと心の中で決めていた。
そして、フラ・ダンスに古来のポリネシアに残っている手話的な動きの方法を発見した。
こうした動きを自分で勉強しながら、自分のスタイルに発展させていこうと始めている。
まだ、途中段階だと思う。
来年には、自分の書いた台本でさらに発展させる目標である。

— with 瀬尾真喜子
映像の撮影: Asako Morishita

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s