30年前のAyuoとKondo Tatsuoのデュオ

30年前のAyuoとKondo Tatsuoのデュオ。「しずかにおきてごらん」。1985年の2月。この頃よく一緒に演奏していた。
30年前Ayuo Takahashiは別人だった。この映像に写っている80年代のAyuoまだクラシックの音楽教育もほとんど受けていないく、歌も今と違い、発声練習等をしていない人だった。ちょうど、高校になった70年代後半から80年代はピアノ等必要がなく、政治運動をやっている親戚の影響もあり、普通の教育も必要がないと言われていた。この考えは大きな間違いだった。特に音楽学校の先生を20年以上も今続けている自分にとっては、その間違いが大きく感じる。
しかし、一番大きな違いは、ジム等で筋トレを始めた事やダンスを始めた事かもしれない。音楽は身体と繋がっている。考えることさえも身体と繋がっている。体育をしっかりやっていると声の調子や考える事も変わってくる。30年もたつと、細胞は全て入れ替わり、別の人間になっている。昔、このような事があったという記憶だけは残っているが、このような映像を見るとおそらく今のAyuoとは親しくもなれなさそうな人間が写っている。
そして、久しぶりに1月26日にAyuo と近藤達郎が一緒に演奏するコンサートが渋谷のラスト・ワルツであります。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s