弦楽四重奏に短くアレンジしたワグナーの『Siegfried Idyll』

数年前に、弦楽四重奏に短くアレンジしたワグナーの『Siegfried Idyll』。19世紀の作曲家で最も好きな一人。この曲はピアニスト、グレン・グールドの編曲したヴァージョンも好きだった。この時は、自分の作曲した組曲の最後にこのアレンジしたヴァージョンを入れた。新年に聴くのにぴったりの感じがする。
Happy New Year!
Hope For The Best In 2016!
こちらの演奏者は:
甲斐史子: Violin
大鹿由希: Violin
宮 野亜希子:  Viola
松本卓以: Cello
Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s