変則チューニング・ギターで録音した映画音楽からのEnding Them

変則チューニング・ギターで録音した映画音楽からのEnding Theme. 俳優の小松 方正の事務所が制作した劇映画だった。これは当時、家で録音した。Wim Wenders の映画”Paris/Texas”のように、アコースティック・ギターが映画の前面のバックになっていた。この曲を今聴くと、昔Factory Labelからアルバムを出していたDurutti Columnの感じを少し思い出せる。実はこのギターのチューニングは、今になると、もはや忘れている。しかし、Ayuoらしいメロディーになっているので、もしも、必要になったら思い出せるでしょう。音楽は8秒目から始まる。本当は3分半の曲だったが、エンディングのクレジットに合わせて短くした。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s