4月7日のジェノームの第二夜のプログラム

いよいよ、今週の木曜日の夜がジェノームの第二夜です。
今回は面白い物語がたくさんあります。下記にいくつかを紹介しています。是非下記にスクロールして見てみてください。

第一セットの曲順は次のようになりました。
1) Creation (イラン神話に基づく世界の始まりを、図形楽譜で作られた音楽と映像とダンスの作品として演奏するAyuoの作品。) 
———————————————–
A Turquoise Set
2) River of Light (『水色の鏡』(A Turquoise Mirror)という室内楽の曲としても知られているAyuoの作品。)

★BowieとLindsay KempのPierrot in Turquoise より
3) David Bowie – There is a Happy Land
子供しか入れない国がある。/そこは幸せの国。/あなたもチャンスがあったでしょう!/だけど、そこへのドアは閉じてしまった/だから。。/あっちへ行ってよ!/大人さん。/ちっちゃなティムは歌を歌うのが大好き。/彼は小さすぎて、みんなが気が付かない。/トニーは木登りをして、空を触ろうとしたら、木から落ちてしまった。/お母さんが呼んでいる。/だけど子供たちには聞こえない。だって全然、疲れていないもん!/まだ、やりたい事がたくさんあるの。/でも、そう言っても、すぐに眠くなってしまうかも。(Ayuo翻訳)

4) David Bowie – Saviour Machine
ボウイはケンプ・カンパニーを離れて、ターコイズという音楽とマイムのグループを作った。そこで最初に作ったChing-Ling-Songのメロディーを1970年に作ったSFのストーリーを語る歌として発表した。
1960年代の後半に、未来社会ではコンピューターが発達し、世界を一のネットにつないでしまい、ロボットや人工知能も発達し、人間に反発して行く時代になると考えられていた。コンピューターは人間に話し出す:『人間達の考えは甘すぎる。/私はお前たち、人間が嫌いだ。/人生とはこんなにイージーに生きるものではない。/私はウイルスを突然流行らせるかもしれない。/あるいは突然、戦争を始めるかもしれない。』(Ayuo翻訳)

5) David Bowie – Ziggy Stardust/ Cygnett Committee メドレー
デヴィッド・ボウイはARTS LABという音楽、マイム、ダンス、から実験的なアート・パフォーマンスをやって行く集団と一緒に1960年代後半に演奏活動を始めていたが、当時は左翼的な政治運動をやっている人達の影響が集団に強くなり、それがこの芸術集団を壊してしまう事になった。こうした事は1960年代ー70年代にはよく起きる事だった。ボウイの音楽仲間のブライアン・イーノは、同時代に、イギリスの前衛作曲家、コーネリアス・カーデューのスクラッチ・オーケストラに参加していて、そこでレコード・デビューもしていたが、カーデューは政治的に付いて行けなくなった人を批判し出し、人達は離れるしかなくなった。ボウイがCygnett Committeeという曲で、それに対する自分の気持ちを歌った。
————————————–
ペルシャ・ギリシャ・セット(中東セット)

6) RAKIM( Dead Can Danceの曲) (Dance: Nashaal )
イランのサントゥールで作られた1990年代のイラン風ロック。

7) ナシャールと立岩 デュオ (Dance: Nashaal )

8) A Stranger (Tzadikから発売されたAyuoのCD『AOI』より) (Dance: Nashaal )
ギリシャの古典的なビザンチン・モードに基づくロック。Ayuoの作品。
——————-
第二セットでは、以前からのジェノームのレパートリーになっている作品を演奏します。

情報はこちらのFACEBOOKの公開ページでも見れます。
https://www.facebook.com/events/1678908835723772/

ジェノームついてはこちらのページがあります。
https://www.facebook.com/Genome%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%8E…/

古代から人間が、自分達が生きている事ー そして生命・宇宙は何かと考え、それらのヒントを神話や歌や物語から探していくプロジェクト。ジェノームとは、そんな音楽とダンスと語りのライブ・パフォーマンスです。ー Nashaal Naho Baba Barbara

よろしくお願いいたします。
Ayuo Takahashi

■日時
4月7日(木)
開場 18:30 開演 19:30

■出演
Ayuo: 歌、ギター、ブズーキ、ダンス
立岩 潤三: ドラム・パーカッション
瀬尾真喜子:ピアノ、キーボード
守屋拓之: ベース
Nashaal: ダンス

■料金(予約制)
予約:¥ 3,300(ドリンク別)
当日:¥ 3,800(ドリンク別)

■場所
公園通りクラシックス(旧ジャアンジャアン)
http://k-classics.net/
〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町19-5
東京山手教会B1F
※渋谷・公園通りの山手協会地下(入り口は駐車場の下り坂の先です)
渋谷駅より徒歩5分

■ご予約方法
ご予約は予約フォームからお願いいたします
https://ws.formzu.net/dist/S82991361/

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s