The Sex Starved Relationship from The School of Life

イギリスにSchool of Lifeという西洋哲学と人間関係や現代生活にガイドになるのトピックを面白くアニメーションを使いながら説明するチャンネルがyoutubeにある。アニメーションは、少しモンティ・パイソンを思い出させてしまう。ロー・バジェットながら面白い。プラトン、ニーチェなどが気にしていた問題なども分かりやすく取り上げているが、ここでは男女関係がうまく行かない理由の一つを説明しています。
よくゲイの人の方が、長く若く生きていると言われていますが、それは男性同士の方が男性の性的な欲求が理解出来るからストレスが少ないとも言う事が出来る。人間関係では男性も女性もそれぞれのファンタジーを相手にぶつけながら、生きて行こうとするが、身体が違うと言うのは、違った欲求を持っているという意味も含んでいる。このヴィデオでは70%の離婚や男女関係の別れには(イギリスでは)性的な理由が一番か二番に取り上げられていると、言っている。男性も女性も別々のファンタジーを持っている。そして、女性は男性の欲求が分からず、男性も女性の欲求を分からない。それを話したり、お互いに理解しあうのが恥ずかしすぎる、と思っている。そのまま、ほっておくと、そのストレスで、人間関係も崩れてしまう。
この映像を見てみてください。
——————————————-
来週、渋谷のラスト・ワルツで西洋哲学、心理学と音楽、文化との関係について語るトークショーをやります。トークの相手は宮田茂樹さん(音楽プロデューサー)で、小沼純一さん(文化評論家・詩人)がゲスト参加をします。他にはない、とても面白い話しになると思います。ラストワルツのページはこちらにあります。
また、facebookのページはこちらです:
 
よろしくお願いします。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s