コメディーとは、普通の状態で言えない事が伝えられる芸術だ

コメディーとは、普通の状態で言えない事が伝えられる芸術だ。
元ユーゴの共和国、スロベニアの哲学者スラヴォイ・ジジェクは、この映像でチャップリンの映画を見せながら語る。
『多くの場合、私達は恋愛する時に、その人を本当の意味では認めていない。私達のファンタジーにすでに存在しているものを思い出させている。それを、”その人”として勘違いをしてしまう。しかし、それが違っていたと分かった時にどうなるか?多くの場合、愛は憎しみに変わり、暴力に変わる。
その人が何であるかではなく、誰かの理想のイメージに似ているからという理由で愛されるほど危険なものはない。』
この映像では、目が見えなかった女の人が、女が見えるようになり、花屋さんに働いている。チャップリンが演じている乞食が通りがかると女の人はお花を売ろうとする。しかし、この乞食が女の人が見えなかった時に、やさしくしてもらっていた男性の本当の姿だった。”YOU?”と一言聞く。ジジェクは、これが最も危険な瞬間だと語る。これは理想的に描いていた男性が、自分の見ていた者とちがっていたと気づく瞬間である。
そして、これはハッピー・エンディングではない。女の人は騙されていた、と思っているほどの暗い顔をしている。そのまま、『終わり』と言う文字がスクリーンに出る。
多くのアメリカのStand-up Comedian (ウディ・アレン、エディ・マーフィー、ジョージ・カーリン)を見ても同じ事を感じさせる。どんな他のジャンルよりも、重い内容が軽く伝わるように出来る。スラヴォイ・ジジェクはチャップリンの 『独裁者』 THe Great Dictatorやエルンスト・ルビッチの『生きるべきか死ぬべきか』をよく分析せると悲劇的な映画よりもナチス時代の悲劇をよく伝えていると言う。
スラヴォイ・ジジェクは1990年代に元ユーゴのボスニア紛争が終わった跡に、ボスニアで流行ったジョークを例に語る。あるボスニアの町では、町に住んでいる全ての人間が虐殺された。紛争が全て終わり、ボスニアに戻った人がそこの土地を買おうとすると、『骨付きが欲しい、それとも骨ナシ?』と聞く。これは多くの土地を掘れば、虐殺された人達の骨が出て来るからだ。濃い味のスープを作るには骨付きの肉を買う、という事がジョークの元になっている。何故、こうしたジョークがユーゴの人々の間に、お笑いとして流行ったのか?それは、あまりにも悲劇的な事が起きた為に、悲劇としては語れなくなったからだ。それはコメディーとしてしか語る事が出来なく、一つのコメディーの役割でもある。
多くのアメリカのStand-up Comedian (ウディ・アレン、エディ・マーフィー、ジョージ・カーリン)を見ても同じ事を感じさせる。どんな他のジャンルよりも、重い内容が軽く伝わるように出来る。スラヴォイ・ジジェクはチャップリンの 『独裁者』 THe Great Dictatorやエルンスト・ルビッチの『生きるべきか死ぬべきか』をよく分析せると悲劇的な映画よりもナチス時代の悲劇をよく伝えていると言う。
音楽の場合でも、似ている事が言える。哲学者、アドルノは消費者文化を批判的に見ていた、そして、それに対比するものとしてCritical Art という言葉を使った。Critical Artは彼の先生、作曲家のアルバン・ベルグのオペラが最も良い例になると書いた。消費者文化は”夢にならない夢”を見せてしまうが、Critical Art はそれを見る人や聴くに世の中について考えさせる事が出来る、と言っている。
————————————
本日、トークショーを音楽プロデューサーの宮田茂樹さんと小沼純一さんと一緒にやります。渋谷から六本木通りに8分程歩いていったラストワルツというライブハウスでやります。音楽の事だけではなく、このように哲学、心理学、言語学の話しが出ます。
宮田茂樹さんは、一時期、僕も契約していたMIDIレコードの社長になり、小野リサ、清水ミチコ、小林武史、等のデビュー・アルバムを制作して行き、その後はブラジル音楽のプロデューサーとなった。ジョアン ジルベルトの日本公演を企画したり、トニーニョ・オルタのCDをプロデュースしていた。
文化評論家・詩人の小沼純一さんもトークにゲスト参加して頂けます。小沼純一さんは、様々な音楽から文学まで幅広く書いていらっしゃる方です。彼は高校生の時に、イエスやジェネシスのカヴァーをキーボード・プレイヤーとして演奏し、作曲家になり、フランス文学のマルグリット・デュラスの小説の翻訳本から作曲家の武満徹、ジョビン、ピアソラについての本も出しています。これほど幅広く、しかも、僕の共通の興味を持っているものについて書いている人は少ないと、僕は思っています。
他にはない、とても面白い話しになると思います
フェイスブックにイベント・ページがあります。来てくれる方々、こちらに連絡をください。よろしくお願いします。情報は次のページにあります:
また、ラストワルツのページはこちらにあります。
———————————————-
宮田 茂樹 其の弐しげき
小沼 純一
と共に。
Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s