地球の内部が暖かくなっている

4月13日からの1週間だけで環太平洋火山帯で「7つの火山」が噴火。さらに16の火山が活動進行中

イラストレーターの山福朱実さんからのシェア。2011年の東日本大震災の頃から地球の内部が暖かくなっているので、これからは地震や火山が増えていく、とよく聞いていた。また、ニュージーランド、ソロモン諸島のプレート・ラインと日本はつながっている為に、向こう側のラインで地球が動いている場合は日本の方にも影響がある、とよく書かれている。言語学者のノーム・チョムスキーが言っている事と、いつも賛成しているわけではないが、彼は気候変動(地球温暖化)の事実を否定している人や認めていない人が世の中に、まだいる事が不思議だ、と言っていた。地球は常に変化している。恐竜の生きていた時代の地球は今よりも暖かかった。地球のプレートも常に動いている。今、地上になっている場所も海の底になると予想されている。また、かつて、海の中だった場所が地上になっているところもある。人間の作る汚染とは別に、地球は常に動いている。今、語られている気候変動は昔アル・ゴアが言っていた事とは別のものである。アル・ゴアはエコロジーに気を使えば、温暖化は直せると言っていた。今、科学者の中では、何をやっても直せないと、はっきり言い出した者もいる。これからは、そのように考えた上で、生きていく方が良い気がする。また、それぞれの国の政府は地震や火山が増えていくと、人々の暴動を恐れるので、絶対主義的な政府に変わって行くでしょう。否定している人は最後まで否定しながら亡くなって行くでしょう。しかし、地球は終わるわけではない。希望は暗闇の中から見えて来る。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s