ブズーキというギリシャの楽器について

2014年のフェイスブックの記事より

11月にはブズーキというギリシャの楽器を弾くライブが三回もあるので、ブズーキという楽器について少し描きたいと思います。また、音源も紹介します。

まずは、ブズーキというギターや三味線のような撥弦楽器と近代に作られた民族国家アイデンティティーがそれに与えた影響について書きたいと思います。

僕はブズーキを最初ギリシャのアテネで1994年に手に入れた。ブズーキについて少し知っている人たちはギリシャの民族楽器として扱ってしまうと思う。しかし、ブズーキは1920年代に宗教的あるいは政治的な理由でトルコ(当時はオスマン帝国)から放り出された音楽家によってギリシャで作られた楽器だった。

第一次大戦争をドイツ側で戦って負けたオスマン帝国はその帝国を失ってしまった。それまでに、トルコ人という民族アイデンティティーはなかったとウィキペディア等のページで書かれている。オスマン帝国を支配している人たちは自分たちの事をオスマン人と見ていたらしいが、これは民族アイデンティティーではなかった。民族国家というのは西ヨーロッパのイギリスやフランスから作られ、その政治的に支配する方法を世界に広めたものだった。オスマン帝国を失い、新しい国を作る時に宗教を使って”民族国家のアイデンティティー”を作った。正教(ギリシャ正教)の家庭に生まれた者はギリシャに追放された。その中には、宮廷音楽家もいたが、仕事も国も失ってしまった。そうした人たちは、サズというオスマン帝国の宮廷でも弾かれて楽器にギターの近代的なチューニング・ペグを付けてブズーキという新しい楽器を作った。しかし、それだけでは生活が出来なかったので多くの人は中東から大麻を輸入して売る商売もやっていた。

1920年代のギリシャのブズーキの音楽は不思議な香りがする。1960年代のグレートフル・デッドのような大麻の時間感覚から影響を受けたようなサイケデリックな面もあれば、中東で長い間宮廷音楽の一部であったニュアンスも残っている。ギリシャの宗教音楽、ギリシャ正教と同じ音楽のモード(音階)も使っていて、それで長い即興演奏をする場合も多かった。アングラ的な香りもする。ブズーキはこの頃、日本で言えば三味線と似ている立場を持っていて、長唄のように引き語りの曲がほとんどだった。そして、それを弾く人たちは民族アイデンティティーがあいまいな人たちだった。

ナチスが後にギリシャを侵略すると多くのブズーキの引き語りをやっていたプレイヤーは影でレジスタンスの歌を作るようになった。戦後になるとレンベティカというブズーキの引き語りの音楽が、そのレジスタンスの歌が有名になった事によって認められ、ギリシャの音楽として一般的になっていった。しかし、楽器も3弦から4弦になり、弾き方も西洋音楽のコードと会うようにマンドリンに近くなった。ギリシャも長年オスマン帝国に支配されていた国で西洋のオーケストラは19世紀の後半にやっと出来たばかりだった。まだ、西洋音楽は浅い伝統しかなかったが、急に西洋化が始まった。

トルコの方では、トルコ人のアイデンティティーを満州の周辺から中央アジアに6世紀に存在していたウイグル帝国をルーツと教えて、民族アイデンティティーを”製作”した。イスラム教であって、中央アジアで発達した思われる言葉を話しているのがトルコ人で、トルコ人は15世紀頃に今住んでいる土地に存続していたビザンチン帝国を滅ぼして乗っとたと歴史で教えている。また、古代のウイグル帝国は今のロシアのトゥヴァ共和国の周りにあった帝国で、人種も(科学的に遺伝子を調べると)今の中国でウイグル人と呼ばれている人たちとは別のようである。

しかし、最近のDNAのリサーチから見ると実は今のトルコ人は中央アジアの言葉を話しているかもしれないが、その遺伝子はビザンチン帝国の人たちのもので、古代ギリシャ人の子孫になってしまう。おそらく15世紀に、トルコ人の男性の侵略者たちの側に立って、トルコ語とイスラム教を自分の言葉として覚えた人たちが現在のトルコ人で、それに反抗していた人たちギリシャ人であろう。

こうして新しい”民族”が作られたのだろうと思う。

しかし、世界中を見ても、19世紀では大英帝国が強かった為に、それを真似して民族国家を作らなければいけなかったところが多いと思う。
僕のこないだ初演したOUTSIDE SOCIETYでドナルド・リチーの言葉『I NOW DOUBT THE VERY EXISTANCE OF WHAT YOU CALL A A NATIONAL IDENTITY. IN THIS UNIVERSE IT COULD BE A SERIOUS DELUSION.』を歌っているのはそのように民族国家アイデンティティーが人工的に作られたということを言いたかったのである。

(そもそも、「国家アイデンティティ」というのが、ほん
とうに在るのか、今や疑わしいもんだ。
(語る)この宇宙では、それは大真面目な妄想。)

トルコ人の遺伝子については次のところに詳しく書かれてある。

http://en.wikipedia.org/wiki/Turkish_people
これは抜粋:

The extent to which gene flow from Central Asia has contributed to the current gene pool of the Turkish people, and the role of the 11th century invasion by Turkic peoples, has been the subject of various studies. Several studies have concluded that the historical and indigenous Anatolian groups are the primary source of the present-day Turkish population.Furthermore, various studies suggested that, although the early Turkic invaders carried out an invasion with cultural significance, including the introduction of the Old Anatolian Turkish language (the predecessor to modern Turkish) and Islam, the genetic contribution from Central Asia may have been very small

https://en.wikipedia.org/wiki/Turkish_people

https://en.wikipedia.org/wiki/Turkish_people

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s