Dance of Life はエドワード T.ホールの『生命の踊り』という本からインスパイアされた

ラテンの曲としてアレンジしたものをアップします。
この曲はサルサで使われる2-3clave と途中からボサノヴァのサンバのリズムになります。

Dance of Life はエドワード T.ホールの『生命の踊り』という本からインスパイアされた。
エドワード T.ホールは文化人類学者で、ある日ニューメキシコの公園の子供の遊び場を眺めていたら、それぞれの子供や家族のグループはそれぞれ別々のコミュニケーションのリズムをしているのがはっきりと見えてきた。ヒスパニックの家族は体の動きにも話し方にもあるリズムが見えた。アングロ・アメリカンの家族はそれとは全く違うリズムが見えてきた。コミュニケーションがうまくいっていると、その歯車がうまく回っている。それを見ながら、リズムとコミュニケーションに関しての一つの考えをまとめて本にした。

エドワード・T. ホールはたくさんの本を出している文化人類学者です。日本語に訳されている『文化を超えて』には次の説明文が書かれています。『文化の無意識的・非言語的領域に目を向ける重要性を説き、多様な文化が対立する現代に生きる人々に向けて、新しい共存のための見方を示唆』

僕は次の言葉を英語で作詞して、それに音楽をつけた。

Dance of Life by Ayuo
生命の踊り

これは時間にたいする感じ方のこと
生命の踊りでリズムをシンクロナイズする

私達が話し合うとき
私たちの神経は結びつく
動いている歯車のように
私たちの波動を合わせていく
それを生命の踊りに合わせてはめ、感じる

私たちはシンクロナイズしながら踊る
私たちのリズムはどうやって関係をつくっていくのか
地球のエネルギー幕の中で
時と空間を越えて
それを生命の踊りに合わせてはめ、感じる

時間は人生で役割を果たす
個人個人が一つに結びついて
一人一人のリズムの見えない糸は
隠れた壁によって孤立している
———-
Ayuo: ヴォーカル、ギター、シタール・ギター
Sara Yoko Benito: ヴォーカル
大熊ワタル:クラリネット
岡田由美子:ピアノ
岡田次郎:フレットレス・ベース
三浦智津子:ドラムス
さかたじゅんこ;キーボード

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s