熊坂 路得子さんの作曲した曲にAyuoが英語の作詞した曲

これはアコーディオン奏者 熊坂 路得子さんの作曲した曲。(Full English translation is on the youtube link.)
Yoshimi Watanabeさんのアイディアで成立したコラボレーション。
先週の11月15日の『LIVE PARADISE』からの映像。

この曲に僕は新しい言葉を英語で書いて歌っている。古代の中東や多くの国では、神様や大切に思う人の名前は声を出して唱えないという風習があった。それは大切な人や神様の名前は、心の中にしまっている方がその力が強くなるという考えだった。古代のヘブライ人にとってエホバという名前もそうだった。アメリカの作家ラブクラフトは、これをテーマにした小説を書いている。この曲では、そうしたフィーリングを歌っている。曲の真ん中でダンスを少しするが、その後の歌が特に声にその感情を出ている。お時間のない方は、曲の真ん中から後の方のを見て頂けたら, ここで語っている事が伝わるくれるかもしれません。
演奏していると不思議な力が身体の中に入っていくのを感じる時がある。それは自分の力というよりは、宇宙の中に浮いている大きなものかもしれない。演奏の為の練習の一つには、そうした力が身体の中に入りやすくするものが必要だと思っている。多くのダンスの為のテクニークは身体をそうした方向に持って行ってくれる。

Ayuo: Vocals, Dance, Lyrics
Rutsuko Kumasaka: Accordion, Music Composition
Yoshimi Watanabe: Piano

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s