ローリー・アンダーソンの新作CD『Heart of a Dog (犬の心)』について

ローリー・アンダーソンの新作CD、ローリー・アンダーソン自身が監督した映画『Heart of a Dog (犬の心)』についてタワーレコードのマガジンINTOXICATE に書いた記事がフェイスブックのリンクから読めるようになりました。映画の予告編のリンクもあります。
このCDの音楽はピエール・アンリの電子音楽作品『チベット死者の書』を思い出す面もあった。映画は映像とアニメーションのコラージュ作品。映画の絵やアニメーションもアンダーソン自身が書いている。、こうした作品こそが“今の時代”に生きるという事を、最もよく表現されていると思った。彼女と彼女の夫、ルー・リードが二人で飼っていた犬との生活と、その死をきっかけに、死とはどういうものか、愛するとはどういう事か、今の時代で生きるとはどういう事かをテーマにしている。この作品を作る前後に、彼女の母が亡くなり、夫のルー・リードが亡くなった。エンディングはルー・リードの歌で、最後に幸せな感じが聴き手に伝わってくる。
こないだ、ある友人と話していたら、彼は5年前にローリー・アンダーソンが来日した時に車で名古屋に見に行ったが、お客さんが5人しかいなかったと語っていた。こんなに内容が素晴らしく、海外では満席になるのに、どうして日本ではそういうことになるのだろう?、という話になった。そこで、彼は日本では”音楽は楽しく”するもので、考えさせるものはみんな人が”難しい”か”暗い”と思ってしまうからだろうという話をした。学校でも上にいる人たちの教える事を記憶する事がほとんどで、”考える”という事をあまり学ばない。方法論が見えないと、すぐ口喧嘩になってしまうか、”分からない”と言って消えてしまう。インテリジェンスを持っている文化も少ない。現代アートや現代音楽をやっている大部分の人を見ても、海外で認められたようなインテリジェンスを持っていそうな、うわべの形を取っているものが多く、本当に考えさせるものは少なかったりする。よく日本の文化は何か?と聞くと海外のジャーナリストがSuperficial(うわべ)の文化と書かれている事がよく分かる。また、流行るものや売れるものを見ると、Superficial(うわべ)のものがやはり多い。むしろ、プラスティックでうわべの方が日本的に見られて、海外で売れたりする。
デヴィッド・ボウイやルー・リードは内容があるだけではなく、形や姿もカッコいいから、受け入れられる事が出来る。

Intoxicateの為に書いたデヴィッド・ボウイの追悼記事がリンクから読めるようになりました。

僕がタワーレコードのマガジンIntoxicateの為に書いたデヴィッド・ボウイの追悼記事がフェイスブックのリンクから読めるようになりました。最新CDの映像のリンクもあります。この記事を書いた時、本当はもっとたくさん書きたい事があったのです。デヴィッド・ボウイは僕が知っている何人の人達とも仕事をしていました。また、ボウイの哲学的な考え方で好きな面がたくさんあるので、このフェイスブックの方で書いて行こうと思います。僕も音楽、文化、哲学、心理学について話すトークショーを今度企画しています。話し相手は音楽プロデューサーの宮田茂樹さんです。4月19日、渋谷のラストワルツでやります。ご興味の方は是非いらしてください。昨日、フェイスブックのイベントページを立ち上げました。

サティのDVDについての記事「サティ・スフィクション – エリック・サティとともに歩む」がネットでも読めるようになりました

http://mikiki.tokyo.jp/articles/-/9062

こないだINTOXICATEに書いたサティのDVDについての記事「サティ・スフィクション – エリック・サティとともに歩む」がネットでも読めるようになりました。この記事を書いた時は、書きたい事が多くありすぎて、facebookだけにその続きの記事を書きました。合わせて読んで頂ければと思います。

サティとドビュッシーの不思議な関係について。 by Ayuo Takahashi
https://www.facebook.com/ayuo.takahashi/posts/432134620321548

ラヴェルとサティ、そしてドビュッシー   by Ayuo Takahashi
https://www.facebook.com/ayuo.takahashi/posts/437612756440401

よろしくお願いします

 

ビザンチンの正教音楽と多くの共通点を持つアルメニアの宗教音楽をピアノで弾くティグラン・ハマシアンについて書いた記事

http://mikiki.tokyo.jp/articles/-/8118

INTOXICATEのために書いた僕の文章がwebサイトMikikに載りました。ビザンチンの正教音楽と多くの共通点を持つアルメニアの宗教音楽をピアノで弾いている。中東の多くの国で使われているサントゥールという楽器とピアノは似ている。小さいエキゾチックな宝石が輝いているようなデリケートな音楽だ。ご興味のある方は是非聴いてみてください。

シニッカ・ランゲランについて書いた記事

http://mikiki.tokyo.jp/articles/-/7515

今、タワーレコードに置いてあるINTOXICATEの為に書いた記事がWEBにも載りました。ECMからCDが出ているノルウェーのシンガー/カンテレ奏者、シニッカ・ランゲランについて書いた記事です。東京の新宿ピットイン での演奏は本当に素晴らしいものでした。中世音楽とトラッドのファンは是非聴いてみてください。『シニッカ・ランゲランの演奏は中世からの伝統を残しつつ、全く新しいものになっていた。レパートリーも幅広い。中世音楽、昔から伝わっている伝統的な歌、キリスト教以前から残っているシャーマンの歌、近年の詩人の作品に作曲したオリジナル作品、ジャズ・ミュージシャンとのコラボレーションの影響が見えて来るアドリブ。トラッドのシンガーとしての表現力も優れている。言葉が分からなくても、そのドラマが伝わってくる。』次のINTOXICATEでは同じくECMレーベルのアーチスト、ティグラン・ハマシアンについての記事を書きました。

ボブ・ディランの新譜についてINTOXICATEで僕が書いた記事

今は次のタワー・レコードのフリー・マガジン、INTOXICATEの記事を書いている。このリンクはこないだネットに載ったボブ・ディランの新譜についてINTOXICATEで僕が書いた記事。ディランは常に新しいアレンジや方法を探して行く。過去の曲や言葉も新しく響くようにする。ロバート・アントン・ウイルソンの言葉を思い出した。
自由思想(リベラル)な人が20年間も同じ事を言い続けていれば、保守派(コンサーヴァティブ)の人になっている。
 進化して動いている宇宙の中で、一箇所にとどまっている人は後ろに向かって動いているのと同じだ。ー ロバート・アントン・ウイルソン
今回のアルバムはアメリカのジャズ・スタンダードになっている曲を文学の詩の朗読として語るアルバムになっている。アレンジもギターが中心の小編成のアコースティック・バンドによるものになっている。

ビョークの新作とMOMAのビョーク展についての記事を書きました。

http://mikiki.tokyo.jp/articles/-/5682

タワーレコードINTOXICATEの為に書いたビョークの新作とMOMAのビョーク展についての記事がebサイト【Mikiki】でも公開されましたので、良かったら見てみてください。70年代ではピーター・ガブリエルやデビッド・ボウイが出来ていたが、近年では中々見れなかった新しいアートと音楽の作品を見事に発表しています。今のScience、そして21世紀初頭の今の時代を生きるという事を代表出来る新しい作品です。
このINTOXICATEの雑誌ははまだレコード店に置いています。この記事以外にもボブ・ディランの最近のCDと活動について書きました。

ピンク・フロイドがピンク・フロイドの為に作ったレクイエム

http://mikiki.tokyo.jp/articles/-/5422

タワーレコードのフリー・マガジン、Intoxicateのために書いた記事です。ピンク・フロイドの最後のアルバムについて書いています。このアルバムは5.1で聴くのがお勧めです。ピンク・フロイドはライヴでもサラウンド・サウンドを70年代からも使っていた。最も効果的に使えるグループの一つです。5,1のシステムがなければ、せめてハイレゾで聴いてください。音が全然違います。

Peter Gabriel during his days with Genesis in the early 70s

(English translation below)
僕が12歳から14歳の頃にパフォーマーとして一番影響を受けたのは70年代前半のピーター・ガブリエルだった。当時、中学生だった僕は彼のコンサートを 1列目や2列目で見ていた。彼の語り方やマイムの身振りを真似しながら、自分の作った詩の朗読や短編小説の語りを学校でやっていた。クラスの人たちや先生 の反応が良かった事が僕がパフォーマンスをやって行く事に自信を与えた。まず、物語を考え、言葉を書いて、後にはそれに音楽を付けるようになった。そし て、中学生から高校生の頃は、詩の朗読コンテスト等に出ていた。これがなかったら、今までやってきた事もやっていなかったかもしれない。ピーター・ガブリ エルは専門的にマイムを習った人ではなく、リンゼイ・ケンプのやり方を自分で取り入れていたと語っていた。
数年前にロート製薬のシャンプー、「役草堂」のCM音楽を僕が作曲した時、そのCM監督は僕のライブ・パフォーマンスを見に来て、僕のライブ・パフォーマンスを映像にするとしたら、リンゼイ・ケンプが演出に一番似合うね、と語っていた。僕はリン ゼイ・ケンプやそのカンパニー・メンバーを何人か知っていたが、直接的な影響よりも、彼が影響を与えた人々やリンゼイが影響受けたものに影響を受けている 気がする。リンゼイは最初バレエ・ダンサーを目指していたが、バレエ学校に入学しようとした時に、無理だと断れられてしまった。しかし、彼はロバート・ヘ ルプマンが振り付けを担当した映画『赤い靴』を見た時、ダンスが人生でやって行きたい事だと決心し、、自分の方法を見つけていった。ロバート・ヘルプマン は天才だった。バレエの世界だけではなく、ミュージカル・シンガー、そしてロック・シンガーとしてもヒットを出した人だった。また、とてもオーソドックス なバレエから前衛的なスタイルまでも取り入れていた。ロバート・ヘルプマンについてはまたこちらに書きます。

One of my earliest influences comes from the stage performances of Peter Gabriel during his days with Genesis in the early 70s. When I was around 12 to 14, I used to sit in the first or second row of the concert theater at their live shows. Later, I would imitate his way of telling a story, and the way he used mime. The popularity at school of the way I would recite stories and poems was what encouraged me to go further into performance arts. I would first come up with the storyline, then write the words. It was much later that I started to add music to this mix. During my high school years, I would recite my poems at poetry contests, and winning prizes was a further encouragement.
Peter Gabriel never studied mime with a teacher. Apparently, he was influenced just by watching Lindsay Kemp, which is what he used to say. Lindsay Kemp was another person who basically made his own method of performing. Lindsay Kemp has said that when he saw Robert Helpmann’s choreography in the Red Shoes, he realized this was what he wanted to spend the rest of his life doing.
https://www.youtube.com/watch?v=8Oy5J7VoKZU

In Search of Peter Pan

This is a wonderful video that an amateur fan made of Kate Bush’s song “In Search of Peter Pan.”, using footage from films such as “Neverland.” I’ve often had my students play this song in my ensemble class at Shobi Music College.
この曲は尚美ミュージックカレッジの僕のアンサンブル・クラスで何度かやりました。これはファンの作ったvideoだが、素晴らしい。ピーター・パンの歌。特に曲の最後に聞こえてくるディズニーの『星の願いを』の変わっているアレンジを聴いてみてください。
https://www.youtube.com/watch?v=Y4qdihsuUSY