シベリアのアルタイの人々と古代アメリカのインカ帝国やアステック帝国のつながりについて書かれた記事

http://rbth.com/science_and_tech/2016/02/23/its-official-native-americans-and-siberians-are-cousins_569517

遺伝子の研究が進んで行くと、様々な人々が遺伝子的につながっている事が証明されて行く。ここではシベリアのアルタイの人々と古代アメリカのインカ帝国やアステック帝国のつながりやオーストラリアのアボリジナル(原住民)とアマゾンのインディオスとの遺伝子のつながりに書かれている。

2月25日のプログラム

立岩潤三さんのフェイスブックのぺーじより:

明日は渋谷公園通りクラシックスにてAyuoさんNashaalさんの共同企画による「GENOME」のライブです。

このユニットでは最近そんなに機会の多くはないドラムセットでのサポート。セレクトされる楽曲の雰囲気と、E.Bassがもりやんゆえ、GHOSTの頃の空気をついつい思い出します。

演奏予定楽曲は以下、AYUOさんならではのカラーに満ちてます。Dead Can Danceの楽曲も、ここ数年イラン音楽に接してきた結果かすごく自分にとっては居心地の良いグルーヴにもなっているし、ジェネシスの楽曲の和声の美しさは特筆ものです。

AYUOさんのオリジナルのEyes and Movementsも凛とした美しさを感じるし、AYUOさんアレンジで一部Lydian化されたサテイのジュトゥヴも素晴らしいハマりかたをしているし、ここにおける自分のドラムのアプローチもとても気に入ってます。

一部7曲目のNashaalさんとのDuoのシーンはダルブッカ〜ドラムセットでの即興演奏で、これも個人的にはこのユニットのシリーズのひとつの目玉になってると思ってます。

現代においてまず普段まず生演奏で聴く事の出来ないレアな楽曲群、お時間のある方は是非足を運んで頂ければと思います。

1) Creation (イラン神話に基づく)
2) River of Light (『水色の鏡』(A Turquoise Mirror)という室内楽の曲としても知られています。)
3) Cantara (イランの伝統的なリズムに基づくDead Can Danceのバンド作品)
4) はじめに言葉があった
5) Standing At The Edge (ユーゴの歌手ヤドランカさんはこの曲を”Standing In A Cloud” というタイトルでレコーディングしています。)
6) Evolution (進化)(MIDIのCD『Earth Guitar』より)
7) ナシャールと立岩 デュオ
8) A Stranger (TzadikのCD『AOI』より)
———————————————————
1) Je Te Veux (Erik Satieの曲のバンド・アレンジ・ヴァージョン)
2) I Cry In My Heart (ドビュッシーの歌曲『 Il pleure dans mon coeur』のメロディーに基づくバンドのAyuoの作品)
3) Rootless (ルーツを持っていない人々)(移民として生きる事、社会のアウトサイダーになってしまう事を歌うAyuoの作品)
4) Eyes and Movements (ハワイ神話『女神ペレ』からペレの妹ヒイアカとロヒアウのことを歌うAyuoの作品)
5) Pele Volcano song (Ka Hinano O Puna)(女神ペレを祭る火山のパワーについて歌う古典フラのチャントをバンド・アレンジ・ヴァージョンで。)
6) The Lamia (カール・ユングの夢日記で描かれたキャラクターを歌うピーター・ガブリエルとジェネシスの作品)

Nine Inch Nailsの曲『Hurt』を演奏します

今月半ばに、僕のフェイスブックのウォールで紹介したNine Inch Nailsの曲『Hurt』を明後日、演奏します。これは昨日、その曲をリハーサルしているところの写真。3月に、この曲のDavid BowieとNine Inch Nailsのデュエット・ヴァージョンが発売されるらしいです。
深いところまで心を揺れ動かす素晴らしい曲です。

Genome(ジェノーム)'s photo.
Genome(ジェノーム)'s photo.
【ショーまであと3日】リハーサル2/22、今回初の楽曲、デビッド・ボウイの姿が目に浮かぶ ‘Hurt’、ギターを奏でながら歌うAyuoさん。

【いよいよ今週木曜日2/25!】ただ今、白熱5時間リハーサル中! シアター・ロック・バンド「ジェノーム」第一夜、まだお席あります。ぜひいらしてください☆ Ayuoさんのギターがうなりをあげてる。立岩さんのドラムが炸裂してる!ナシャールは、8曲踊りますよー\(^o^)/

■日時
2月25日(木)
開場 18:30 開演 19:30

■出演
Ayuo
立岩潤三
瀬尾真喜子
守屋拓之
Nashaal

■料金(予約制)
予約:¥ 3,300(ドリンク別)
当日:¥ 3,800(ドリンク別)

■場所
公園通りクラシックス(旧ジャアンジャアン)
http://k-classics.net/
〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町19-5
東京山手教会B1F
※渋谷・公園通りの山手協会地下(入り口は駐車場の下り坂の先です)
渋谷駅より徒歩5分

■ご予約方法
ご予約は予約フォームからお願いいたします
https://ws.formzu.net/dist/S82991361/

intoxicate-cover-takemitsu

タワーレコードのフリー・マガジン、INTOXICATEの最新号が出ました。今回、僕はDavid Bowieの追悼記事を書きました。是非見てみてください。タワーレコードで無料で配られています。
—————-INTOXICATE のFBのページより—————-
intoxicate vol.120(2/20発行号)が出ました!
音楽、映画、アート、ほか人気連載コラムなどなど、盛りだくさん!
カヴァー・アーティストは、作曲家の武満徹さんです。2月20日は、武満徹さんの没後20周年の命日になります。今年1年かけて、武満徹さんの作品を振り返りご紹介したいと思います。
今回のExotic Grammarは、1月に亡くなられた、ピエール・ブーレーズ、ポール・ブレイ、デヴィッド・ボウイの3本です。今回はすべて追悼となりました。残念な想いでいっぱいです。
intoxicate presentsの特別試写会は、今月号はWOWOWのドラマW「この街の命に」です。加瀬亮、戸田恵梨香が行政獣医役で熱演。ペット後進国の日本に問題提起するヒューマン・ドラマです。
TOWER RECORDS ONLINEでもご購入できます!
http://tower.jp/article/campaign/2013/12/25/03/01