2014年のfacebook の文章より

2014年9月25日の夜に来て頂いた方々ありがとうございました!
新作『OUTSIDE SOCIETY』の初めての演奏でした。
初めての演奏の為、まだ細かい部分がこなれていない面もあったかと思いますが、曲から伝えたい心からのメッセージはなんとか伝える事が出来たかと思っていますが、いかがだったでしょうか?
今後それらの曲を演奏していく内にさらにまとまっていくと思います。
コメントがありましたら、よろしくお願いします。
Ayuo

Comments
Yoshihide Nakano
Yoshihide Nakano 素晴らしい演奏でした。
予め予備知識が必要な音楽であるとやや緊張しましたが、期待を裏切らない素晴らしい歌声と朗読と演奏でした。
劇の途中、青いバイオリンの愉快?な演奏がありユニークさが増したと思います。See More

 

Nashaal Naho Baba Barbara
Nashaal Naho Baba Barbara すばらしかったです!!!深いテーマで、含蓄があり、でもちょっと面白いところもあって(歌子さんが吹き出していらっしゃいましたが)、考えさせられました。大きなテーマの音楽劇、おつかれさまでございました!!

2014年9月25日の夜、僕の新しい作品『OUTSIDE SOCIETY』の初めての演奏があります

2014年のfacebook の文章より

2014年9月25日の夜、僕の新しい作品『OUTSIDE SOCIETY』の初めての演奏があります。音楽と語りで演奏される音楽劇です。

下記は今夜のパフォーマンスで朗読されるアンジェラ・カーターの言葉より。
————————————

彼の名はタローだ、とわかった。初めて彼を好きになった頃、
私は彼をバラバラに解体してみたかった。
私は今まで一度もここまで謎めいたヨソ者になったことはな
い。私は不死鳥みたいな存在、美しい神獣になる。私は珍しい
宝石。彼は私を見つけ、私は、自分で思うに、例えようもなく
エキゾティックな存在だった。でも、私はよく、自分が女の役
を演じているだけだと感じていた。
———————-
自分で望んだ状況が災いだったこと、座礁だったことに気付
いて、私は驚いた。彼の顔は廃墟みたいに見えた。それは私
が世界で一番よく知っている景色、初めて見た時から知らな
いとは思えなかった顔なのに。それは、なんとなく、私が考
える自分の顔というものを映し出しているように思えた。長
いこと知っていて、よく覚えている顔、いつも心の中にこみ
上げてはとどまる幻が、今初めて見える形をとって表れたよ
うな、そんな顔に見えたのだ。
だから、彼がほんとうはどう見える人だったか私は知らない
し、実際、これからも絶対わからない、と思う。なぜって、
彼は空想の形をとって創られた、ただのオブジェだったのだ
から。
———————-
それから間もなく、私たちは別れた。
すると、この街が消えてしまった。。ほとんど同時に、ここは
謎めいた怖い場所でもなくなった。
世の中で一番むずかしいパフォーマンスは、自然にふるまう
こと、ではないかしら? それ以外はみんなヤラセだ。
——————–

OUTSIDE SOCIETY
アウトサイド・ソサエティー
ドナルド・リチーとアンジェラ・カーターの作品による音楽の夕べ 作曲
(全新作オリジナル):Ayuo

開場18:30 開演19:00
全席自由 ご予約/当日とも ¥3,000 (税込み ドリンク別)

From The Guardian article:
“Learning a foreign language can increase the size of your brain. ”
“When presented with English words containing either of these sounds (‘l’ and’ r’), brain imaging studies show that only a single region of a Japanese speaker’s brain is activated, whereas in English speakers, two different areas of activation show up, one for each unique sound.
For Japanese speakers, learning to hear and produce the differences between the two phonemes in English requires a rewiring of certain elements of the brain’s circuitry. ”
“We know that people who speak more than one language fluently have better memories and are more cognitively creative and mentally flexible than monolinguals. Canadian studies suggest that Alzheimer’s disease and the onset of dementia are diagnosed later for bilinguals than for monolinguals, meaning that knowing a second language can help us to stay cognitively healthy well into our later years.”

https://www.theguardian.com/education/2014/sep/04/what-happens-to-the-brain-language-learning?CMP=fb_gu

A ONE-MAN SOCIETYの日本語訳

A ONE-MAN SOCIETY
日本語訳:きむら みか
(2014年9月25日に初めて演奏される曲の歌詞の抜粋を下記にコピーします。
ドナルド・リチーの語っていた言葉に基づくAyuoの歌の曲。)
From “Outside Society”
A ONE-MAN SOCIETY
一人だけの社会
私は自由になった。
構成員がたった一人の社会。
永遠に、周りの誰とも異なる
一人。
自由と一緒に生きるのは難しい。
他人との妥協が好きな世間、
でも、他人のタイプがバラバラすぎる。
そもそも、「国家アイデンティティ」というのが、ほん
とうに在るのか、今や疑わしいもんだ。
この宇宙では、それは大真面目な妄想。

FOREIGNERS ARE CURABLE ROMANTICSの日本語訳

2014年の9月に初めて演奏される曲の歌詞の抜粋を下記にコピーします。
ドナルド・リチーの語っていた言葉に基づくAyuoの歌の曲。
From “Outside Society”
————————————
FOREIGNERS ARE CURABLE ROMANTICS
外国人は、
治せる程度にロマンティック。
子供の頃から抱きつづける幻想、
どこかに別の場所がある、と。
魔法のような国、黄金の時代が、
どこか、途方もなく遠い彼方にあるのだ、と。
ただ、彼自身のヘンなところは、
いつもガイジンをとっておくこと。
どんな出逢いにも自分を切り離す。
これが何か意味あることだと自分で気づいたその時に、
彼の病は癒されるかも。
————————————
日本語訳:きむら みか

新作『OUTSIDE SOCIETY』の演奏がいよいよ - 2014年の9月にfacebookに書かれた文章より

2014年の9月にfacebookに書かれた文章より

新作『OUTSIDE SOCIETY』の演奏がいよいよ2014年の9月25日になりました。
開演は19:00からですが、前奏と演奏の前にトークを入れる予定になりました。仕事で遅くなる方にも見れるように実際の演奏は19:30過ぎからになると思います。

今年の春に作曲した『OUTSIDE SOCIETY』という朗読と歌、尺八、ウクレレとキーボードで演奏される音楽劇の作品です。日本に60年間滞在していて、昨年亡くなったジャーナリスト, ドナルド・リッチーの日記と1970年代に日本に滞在したイギリスの作家アンジェラ・カーターの短編『肉体と鏡』を題材に作った75分から90分位の朗読と音楽を中心とした音楽劇の台本を作り,日記の言葉を歌う詞に書き変えて、作曲しました。
ドナルド・リチーは客観的なオブザーバーとして日本の社会を外から見ていた人でした。

「自分の文化圏の外に出たことのない者は、気付かぬまま、
そこにずっと縛られている。その人に自分の文化について訊くのは、水の中の魚に水が何かと訊くようなもの。何も答えられまい。—ドナルド・リチー」

そのような生き方や考え方こそが今の人々やこれからの人々に伝わって欲しいと願っている。
今、日本でも世界中でも政治的な変動が起きている中、客観的に物事を見て生きていく事は大切な事だ。

OUTSIDE SOCIETY
アウトサイド・ソサエティー
ドナルド・リチーとアンジェラ・カーターの作品による音楽の夕べ 作曲
(全新作オリジナル):Ayuo

開場18:30 開演19:00
全席自由 ご予約/当日とも ¥3,000 (税込み ドリンク別)

明日初めて演奏される曲の歌詞の抜粋をfacebookの他のページにコピーします。

OUTSIDE SOCIETY
アウトサイド・ソサエティー
ドナルド・リチーとアンジェラ・カーターの作品による音楽の夕べ 作曲
(全新作オリジナル):Ayuo

ドナルド・リチーさんと1949年に初めて出会った秋山邦晴さんの文章から

2014年の9月25日に、ドナルド・リチーのジャーナルに基づく僕の作曲した『Outside Society』という作品を渋谷のLast Waltzで演奏する。ドナルド・リチーは日本に1947年の冬に来てから、米軍の新聞Stars and Stripes にジャーナリストとして仕事を初め、後にはJapna Timesで書いていた。日本の映画や文化に興味を持つようになり、黒沢明、小津安二郎、溝口健二、そして60年代では篠田正浩、勅使河原宏の映画の情報をアメリカやヨーロッパに紹介し続けた。日本の音楽や文学についても 多くの記事を書き続けていた。しかし、彼のジャーナルやエッセイを初めて読んだ時、彼と共感する事が多いと気がついて、この作品『Outside Society』が生まれた。

ここでは、ドナルド・リチーさんと1949年に初めて出会った秋山邦晴さんの文章から抜粋したものを下記に紹介する。
ご興味のある方は是非見に来てください。
———————–

ドナルド・リチー 人と仕事 by 秋山邦晴 (1989年 ー 草月シネマティーク「ドナルド・リチー氏の映像個展」パンフレットより)からの抜粋。
———–
リチーさんと初めて出会ったのは、1949年だったと思うが、その後二度目の来日以後は、いろいろな面で絶えずにお世話になった。
たとえば僕が関係していた音楽雑誌のために、リチーさんに作曲家伊福部昭訪問の原稿をおねがいして、いっしょに伊福部家を訪れたときのことは、いまでも鮮明におぼえている。それにレコード雑誌『プレイバック』に毎号新譜レコードの批評をおねがいしたりした。。。

これは戦後秘話とでもいうことになるが、伊福部昭、早坂文雄らの作曲家たちは、リチーさんの入手した現代音楽のレコードを聴かせてもらうグループの集まりを、毎月のようにやっていた。それは彼らの作曲家にとって、どんなに新鮮な刺激となり、創作の糧となったことだろう。

彼は学生時代にヒンデミットとストラヴィンスキー門下の先生に師事して、作曲を本格的に学んだ一時期があった。そういえば、リチーさんのピアノによる即興のすばらしさは抜群のものである。昔、作曲家黛敏郎の家でパーティーがあったとき、リチーさんはみんなの切望によって、ピアノを弾くことになった。はじめ、ひとつの古典的なテーマを演奏したとおもったら、つぎつぎに、いろんな作曲家のスタイルでそれが変奏されていくのだった。ラヴェルのスタイルのつぎには伊福部昭、ついでストラヴィンスキー、バーンスタイン、etc…と繰り出されていくその即興は、どれもがその作曲家の個性的なスタイルをはっきりとつかんだ見事な演奏で、みんなが唖然とするほどすばらしいものだった

リチーさんは何本も映画をつくっていた。Small Town Sunday (1941) 、そして二度目の来日以来、『青山怪談』(1957), 『し』(1958), 『秋絵』(1958)、『犠牲』(1959)、『熱海ブルース』(1962) 、『戦争ごっこ』(1962)、『ふたり』(1963) 、)、『ライフ』(1965) 、『黒沢明』(1975)…と精力的に、たいへん個性的な映画作品をつぎつぎと制作していった。
リチーさんの映画には、いつも死と詩、肉体と形式上学と精神の柔軟な運動、寓話的、心理的・哲学的な独特の世界観と美学が浮かびあがるように、僕には思える。

https://www.facebook.com/events/267587896785496/