Ayuoのオープン・チューニング・ギター ワークショップ & ソロ・ライブ

東京の原宿のラフォーレのすぐ裏の音楽サロン『カーサ・モーツアルト』でAyuoがオープン・チューニング・ギターのソロ・ライヴとワークショップを始めます。30分のソロ・ライヴの後に30分のワークショップを毎回やっていきます。そして、最後にまとめの演奏をします。初心者でも大丈夫です。また、3本ほど借りられるギターも用意しますので、早めに来た方はそれを使うことが可能です。下期に一回目にみなさんと一緒に演奏する曲のリンクがあります。

情報はこちらのイベント・ページにあります。

http://casamoz.org/regularevent.html#anc06

フェイスブックの次のページも分かりやすい情報が書いてあります。
https://www.facebook.com/events/1944100479146701/

ご興味のある方は、こちらに返送して頂ければ質問なども答えられます。

Ayuo(ヴォーカル、ギター、ブズーキの演奏者。作詞・作曲家)
オープン・チューニング・ギター ワークショップ & ソロ・ライブ

講師/演奏 : Ayuo

~オープン・チューニング・ギターとは?~
オープン・チューニング・ギターとは調弦を変えて弾くギターの事です。調弦を変えることによって、独特の楽器に変わります。
ジョニ・ミッチェルのように子供の頃ポリオという手が動きにくくなる病気になった人でも、ジャズやボサノバの複雑なコードを調弦をかえることによって簡単に押さえています。もちろん、パット・メセニーのような偉大なジャズ・プレイヤーは、オープン・チューニング・ギターでさらに演奏スタイルを広げています。ニック・ドレイク、キース・リチャード、リチャード・トンプソン、ソニック・ユースなどが有名なプレーヤーです。また、ブルース、ロック、英国トラッド、ケルト音楽、古楽の曲でも使われています。
日本では数少ない演奏者の中でもAyuoは1970年代から数多くのCDでオープン・チューニング・ギターを演奏しています。
カーサ・モーツァルトではAyuoのソロ・ライブとオープン・チューニング・ギターのワークショップを開催します。アコースティック・ギター、フォーク・ギターかあるいはガット・ギターであれば安価なギターでも大丈夫です(エレクトリックは使えません)。

◆日時 : 初回 2017年5月9日(火)、19:30~21:00
◆参加費 : ¥3,500(ワンドリンク付き)
◆申込み : メールまたはFAXにお名前、ご連絡先、ご希望人数を明記ください。
メール : info-cmma@casamoz.org
FAX : 03-3497-1833
◆会場 : 東京都渋谷区神宮前1-10-23 3F
http://casamoz.org/access.html

フェイスブックの次のページも分かりやすい情報が書いてあります。
https://www.facebook.com/events/1944100479146701/

第一回目のワークショップの部分ではオープン D チューニングの曲、Across The Seasons の弾き方を皆様に教えます。以前にイギリスでデイヴ・マタックス(フェアポート・コンヴェンションのドラマー、ポール・マッカートニー、ジミー・ペイジ、エルトン・ジョン等の楽曲のスタジオ・ミュージシャン)とデヴィッド・ロード(XTC, ピーター・ガブリエル、ピーター・ハミルなどのプロデューサー、キーボード奏者)と共にレコーディングした曲です。Youtubeのこちらのリンクで聴けます。イギリス風のポップ・ソングに聴こえますが、演奏するには難しくありません。オープン・チューニングの特徴が分かります。よろしくお願いします。
Ayuo

Ayuo – Across The Seasons
https://www.youtube.com/watch?v=OZnncajhExo

Ayuo - A Language You Can No Longer Speak (オープン・チューニング・ギターのライヴ演奏の映像)
https://www.youtube.com/watch?v=bNBKorjqpd0 Ayuo Workshop flier.jpg

Advertisements