2017年のAyuoのライヴ情報

 

Ayuo with dharma guitar.jpg

9月6日(水) Zimagine (表参道)
エピジェネティクス Ayuo(Vo,Gt,ウクレレ,ブズーキ)立岩潤三(Prec,Dr)
岡野勇仁(Pf,Key)守屋拓之(Bass)Asako(朗読)
ご予約¥2,700 当日¥3,000(ドリンク別)
19時開場、19時半開演
http://zimagine.genonsha.co.jp/schedules/index/2017/09

9月22日(金)Zimagine (表参道)
Zacro Ⅱ
Ayuo(Vo,Gt,ウクレレ,ブズーキ)
沢田穣治 (Bass,Gt)沼直也(Dr)田沢麻紀(朗読)
ご予約¥2,700 当日¥3,000(ドリンク別)
19時開場、19時半開演
http://zimagine.genonsha.co.jp/schedules/index/2017/09

10月17日(火)、Last Waltz (渋谷)
Ayuo、上野洋子、中村明一、久東寿子、立岩潤三
ご予約¥3,300 当日¥3,800(税込み ドリンク別)
19時開場、19時半開演
http://lastwaltz.info/date/2017/10/

10月21日
Zacro Ⅱ
Ayuo(Vo,Gt,ウクレレ,ブズーキ)
沢田穣治 (Bass,Gt)沼直也(Dr)田沢麻紀(朗読)
京都 natural food village
〒6068175 京都市左京区一乗寺築田町95 第一メゾン白川202
075-712-3372
料金2000円
時間19時open 20時start
https://www.facebook.com/NaturalLifeVillage/

10月22日
Zacro Ⅱ / スズキコージ
Ayuo(Vo,Gt,ウクレレ,ブズーキ)
沢田穣治 (Bass,Gt)沼直也(Dr)田沢麻紀(朗読)
大阪チャクラ

OPEN 6:30PM~ LIVE 7:30PM
大阪府大阪市北区菅原町6-12
Tel/Fax  06-6361-2624
http://www.chakra-jp.com/
予約:3000円
当日:3300円

10月23日
Zacro Ⅱ / スズキコージ
神戸ビッグアップル

OPEN 6:30PM~ LIVE 7:30PM
神戸市中央区山本通3-14-14トーアハイツB-1
Tel/078-251-7049
http://www.geocities.jp/kbigapple/
予約:3000円
当日:3300円

11月16日(木)、公園通りクラシックス (渋谷)
Genome
Ayuo, Nashaal, 立岩潤三,岡野勇仁、守屋拓之
予約:¥ 3,300(ドリンク別)当日:¥ 3,800(ドリンク別)
19時開場、19時半開演
http://koendoriclassics.com/

12月15日(金)、公園通りクラシックス (渋谷)
Zacro Ⅱ / スズキコージ
ゲスト:Maha
予約:¥ 3,300(ドリンク別)当日:¥ 3,800(ドリンク別)
19時開場、19時半開演
http://koendoriclassics.com/

2018年 1月28日 (日)
無意識と音
Ayuo、上野洋子、中村明一、久東寿子、立岩潤三
六本木サテンドール
スピリチュアル・サミット3 第四回目
16:00ー20:30
12.000 円 (食事付)
http://51collabo.com/?p=11724


Ayuo 変則チューニング・ギター(オープン・チューニング・ギター)・ワークショップ& ソロ・ライブ

19:30~21:00
◆参加費 : ¥3,500(ワンドリンク付き)
◆申込み : メールまたはFAXにお名前、ご連絡先、ご希望人数を明記ください。
メール : info-cmma@casamoz.org
FAX : 03-3497-1833
◆会場 : 東京都渋谷区神宮前1-10-23 3階
http://casamoz.org/access.html

講師/演奏 : Ayuo

~オープン・チューニング・ギターとは?~

普通のギターよりも簡単です!

ウクレレのような感覚で演奏が出来ます。

ピンク.フロイドのシド・バレットの曲、『Late Night』やJoni Mitchell のBig Yellow Taxi 、ハワイアンからボサノヴァの曲もやっています。

場所は原宿ラフォーレのすぐ裏にあります。
オープン・チューニング・ギターとは調弦を変えて弾くギターの事です。調弦を変えることによって、独特の楽器に変わります。
ジョニ・ミッチェルのように子供の頃ポリオという手が動きにくくなる病気になった人でも、ジャズやボサノバの複雑なコードを調弦をかえることによって簡単に押さえています。もちろん、パット・メセニーのような偉大なジャズ・プレイヤーは、オープン・チューニング・ギターでさらに演奏スタイルを広げています。ニック・ドレイク、キース・リチャード、リチャード・トンプソン、ソニック・ユースなどが有名なプレーヤーです。また、ブルース、ロック、英国トラッド、ケルト音楽、古楽の曲でも使われています。
日本では数少ない演奏者の中でもAyuoは1970年代から数多くのCDでオープン・チューニング・ギターを演奏しています。
カーサ・モーツァルトではAyuoのソロ・ライブとオープン・チューニング・ギターのワークショップを開催します。アコースティック・ギター、フォーク・ギターかあるいはガット・ギターであれば安価なギターでも大丈夫です(エレクトリックは使えません)。

9月12日(火)
Ayuo 変則チューニング・ギター(オープン・チューニング・ギター)・ワークショップ& ソロ・ライブ

10月3日(火)
Ayuo 変則チューニング・ギター(オープン・チューニング・ギター)・ワークショップ& ソロ・ライブ

11月7日(火)
Ayuo 変則チューニング・ギター(オープン・チューニング・ギター)・ワークショップ& ソロ・ライブ

12月5日(火)
Ayuo 変則チューニング・ギター(オープン・チューニング・ギター)・ワークショップ& ソロ・ライブ

Advertisements

Zacro Ⅱ 再起動 7月6日(木)に神保町の試聴室 で

関西を一緒にツアーした沢田壤治さんと田沢麻紀(朗読)と一緒の初東京ライヴです。7月6日(木)に神保町の試聴室 で。バンド名Zacroは2001年頃に沢田さんと一緒にやっていたバンド名で沼直也 さんも当時のZacroのドラマーの一人でした。10年ぶりのZacroとしてライヴ。再起動。

008 (1).JPG

kobe live 3.jpgDSC04104_2.jpeg

2000年代前半にAyuoと沢田穣治がやっていたバンドZacro が新しく生まれ変わり、Zacro Ⅱとして再起動します。
Ayuoと沢田穣治の6月の関西ツアーの後に、ここに初めての東京のライヴがやります。6月3日には神戸の横尾忠則現代美術館で『子どもの目から見たサイケデリック文化』というスペシァル・ライヴ・アンド・トーク・イベントをやっていますが、これはその時のレパートリーを、東京でお見せするイベントになります。1960年代のニューヨークでサイケデリックのライヴをやっていたフィルモア・イーストやエレクリック・サーカスを子供の頃にに横尾忠則さんなどと見に行っていたAyuoのサイケデリック時代の経験を生かしたバンドになっていくでしょう!

Zacro Ⅱ
Ayuo (ヴォーカル、ギター、ウクレレ、ブズーキ、ピアノ、身体表現),
沢田穣治 (ベース、ギター),
沼直也 (ドラムス),
田沢麻紀 (朗読)】

2017年7月6日(木)
開場:19:00 / 開演:19:30
■料金:予約 2,500円 (1ドリンク, スナック込)
当日:3,000円 (1ドリンク, スナック込)

神保町試聴室
〒101-0065 東京都千代田区西神田3-8-5 ビル西神田1階
チケット申し込みページがこちらにあります:
http://shicho.org/2017/07/1event170706/

7月4日 (火)のオープン・チューニング・ギターのワークショップとソロ・ライヴ

Ayuo Workshop flier.jpg

 

 

原宿のラフォーレのすぐ後ろにあるカーサ・モーツアルトでオープン・チューニング・ギターのワークショップとソロ・ライヴをシリーズでやっています。

オープン・チューニング・ギターとは調弦を変えて弾くギターの事です。調弦を変えることによって、独特の楽器に変わります。

 

7月4日 (火)のワークショップではJoni Mitchell のBig Yellow Taxi をオープン D チューニングで教えます。(カポも持って来るようにお願いします。)

この曲はジャネット・ジャクソンも『Got Til It’s Gone』というタイトルでカヴァーしています。こちらにジョニ・ミッチェルがそのカヴァーについて話してから、ジャネット・ジャクソンのヴァージョンが2:25分から流れる映像がyoutubeにあります。

難しいことは、まだやっていないで、初心者でも安心して参加してみてください。
ジョニ・ミッチェルなど、子供の頃にポリオという手が動きにくくなる病気になって人でも、ジャズやボサノバの複雑なコードを調弦をかえることによって、簡単に押さえています。
もちろん、パット・メセニーのような偉大なジャズ・プレイヤーは、オープン・チューニング・ギターでさらに演奏スタイルを広げています。
多くのギタリストがオープン・チューニングを使っていますが、日本ではやっている人が少ないままです。
Ayuoは1970年代から数多くのCDでオープン・チューニング・ギターを演奏しています。
毎回、ソロ・ライブと30分のオープン・チューニング・ギターのワークショップをやります。
ギターを持ってくる方も、見て楽しむ方もウエルカムします。
初心者でも演奏できそうな曲をまず選ぶます。
そして、皆様と一緒に演奏します。
1曲を全部覚えるように致します。
ギターはアコースティック・ギター、フォーク・ギターかあるいはガット・ギターでれば、一万以下の安いものでも大丈夫です。エレクトリックは使えませんので、気を付けてください。

 

情報はこちらのイベント・ページにあります。

http://casamoz.org/regularevent.html#anc06

フェイスブックの次のページも分かりやすい情報が書いてあります。
https://www.facebook.com/events/1944100479146701/

 

Casa Mozart Music Association
◆日時 : 2017年6月12日(月)、19:30~21:00
◆参加費 : ¥3,500(ワンドリンク付き)
◆オープン・チューニング・ギターのソロ・ライヴ & ワークショップの申込み : メールまたはFAXにお名前、ご連絡先、ご希望人数を明記ください。
FAX : 03-3497-1833
◆会場 : 東京都渋谷区神宮前1-10-23 3階
—————————————————–
よろしくお願いします。

GENOME 第八夜のリハーサルよりの写真

genome rehearsal may 2017.jpg

GENOME 第八夜のリハーサルよりの写真。

今回もAYUOさんのオリジナルや朗読をはじめ、ここ数回で好評なプリンスやGENESISや、Dead can danceのカバーに加えて、武満徹やエリック・サティの名曲を完全にリハモ・アレンジしたものなど、バリエーションに富んだコンテンツとなってます。

5/25(木)19:30〜渋谷公園通りクラシックスにて、皆様のお越しをお待ちしております♪

■日時
5/25(木)
開場 19:00
開演 19:30

■出演
Ayuo: 歌、ギター、ブズーキ、ダンス
立岩潤三: ドラム・パーカッション
岡野 勇仁:ピアノ、キーボード
守屋拓之: ベース
Nashaal: ダンス

■料金(予約制)
予約:\ 3,300(ドリンク別)
当日:\ 3,800(ドリンク別)

■場所
公園通りクラシックス(旧ジャアンジャアン)
http://k-classics.net/
〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町19-5
東京山手教会B1F
※渋谷・公園通りの山手協会地下(入り口は駐車場の下り坂の先です)
渋谷駅より徒歩5分

次のジェノームのライヴは5月25日(木)です

次のジェノームのライヴは5月25日(木)です。前回のライヴはこれまでで最も良い出来になって来ていました。
パーカッションの立岩潤三さんとAyuoのコンビはもはや10年続いています。
それだけのサウンドを持っていることは最近のライヴで特に出ています。
また、岡野勇仁さんの自由でありながら、ツボを押さえているプレイも重要な役割をとるようになりました。
守屋拓之さんと立岩潤三さんのリズムのコンビはバンドGHOSTから続いていて、これも素晴らしい。
前回はこのユニットで最もまとまっているライヴになりました。
今回もこのメンバーなりのレパートリーを演奏します。
イラン伝統音楽のサントゥールの音楽に基づくオーストラリアのDead Can Danceの曲、エリック・サティのJe Te Veuxを中世ヨーロッパのモードで演奏する曲、生命科学の新しいか投げに基づく対話を朗読しながら演奏するAyuoの作詞曲、昨年他界したアメリカのプリンスの曲の中東風のアレンジ、イランのリズムで演奏する武満徹の歌曲。
ぜひ、いらしてください!
■日時
5/25(木)
開場 19:00
開演 19:30■出演
Ayuo: 歌、ギター、ブズーキ、ダンス
立岩潤三: ドラム・パーカッション
岡野 勇仁:ピアノ、キーボード
守屋拓之: ベース
Nashaal: ダンス

■料金(予約制)
予約:¥ 3,300(ドリンク別)
当日:¥ 3,800(ドリンク別)

■場所
公園通りクラシックス(旧ジャアンジャアン)
http://k-classics.net/
〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町19-5
東京山手教会B1F
※渋谷・公園通りの山手協会地下(入り口は駐車場の下り坂の先です)
渋谷駅より徒歩5分

■ジェノームのライヴのご予約方法
ご予約は予約フォームからお願いいたします
https://ws.formzu.net/dist/S82991361/

Facebookのイベントページ:
genome-february-2017-flyer.jpg

Ayuoのオープン・チューニング・ギター ワークショップ & ソロ・ライブ

東京の原宿のラフォーレのすぐ裏の音楽サロン『カーサ・モーツアルト』でAyuoがオープン・チューニング・ギターのソロ・ライヴとワークショップを始めます。30分のソロ・ライヴの後に30分のワークショップを毎回やっていきます。そして、最後にまとめの演奏をします。初心者でも大丈夫です。また、3本ほど借りられるギターも用意しますので、早めに来た方はそれを使うことが可能です。下期に一回目にみなさんと一緒に演奏する曲のリンクがあります。

情報はこちらのイベント・ページにあります。

http://casamoz.org/regularevent.html#anc06

フェイスブックの次のページも分かりやすい情報が書いてあります。
https://www.facebook.com/events/1944100479146701/

ご興味のある方は、こちらに返送して頂ければ質問なども答えられます。

Ayuo(ヴォーカル、ギター、ブズーキの演奏者。作詞・作曲家)
オープン・チューニング・ギター ワークショップ & ソロ・ライブ

講師/演奏 : Ayuo

~オープン・チューニング・ギターとは?~
オープン・チューニング・ギターとは調弦を変えて弾くギターの事です。調弦を変えることによって、独特の楽器に変わります。
ジョニ・ミッチェルのように子供の頃ポリオという手が動きにくくなる病気になった人でも、ジャズやボサノバの複雑なコードを調弦をかえることによって簡単に押さえています。もちろん、パット・メセニーのような偉大なジャズ・プレイヤーは、オープン・チューニング・ギターでさらに演奏スタイルを広げています。ニック・ドレイク、キース・リチャード、リチャード・トンプソン、ソニック・ユースなどが有名なプレーヤーです。また、ブルース、ロック、英国トラッド、ケルト音楽、古楽の曲でも使われています。
日本では数少ない演奏者の中でもAyuoは1970年代から数多くのCDでオープン・チューニング・ギターを演奏しています。
カーサ・モーツァルトではAyuoのソロ・ライブとオープン・チューニング・ギターのワークショップを開催します。アコースティック・ギター、フォーク・ギターかあるいはガット・ギターであれば安価なギターでも大丈夫です(エレクトリックは使えません)。

◆日時 : 初回 2017年5月9日(火)、19:30~21:00
◆参加費 : ¥3,500(ワンドリンク付き)
◆申込み : メールまたはFAXにお名前、ご連絡先、ご希望人数を明記ください。
メール : info-cmma@casamoz.org
FAX : 03-3497-1833
◆会場 : 東京都渋谷区神宮前1-10-23 3F
http://casamoz.org/access.html

フェイスブックの次のページも分かりやすい情報が書いてあります。
https://www.facebook.com/events/1944100479146701/

第一回目のワークショップの部分ではオープン D チューニングの曲、Across The Seasons の弾き方を皆様に教えます。以前にイギリスでデイヴ・マタックス(フェアポート・コンヴェンションのドラマー、ポール・マッカートニー、ジミー・ペイジ、エルトン・ジョン等の楽曲のスタジオ・ミュージシャン)とデヴィッド・ロード(XTC, ピーター・ガブリエル、ピーター・ハミルなどのプロデューサー、キーボード奏者)と共にレコーディングした曲です。Youtubeのこちらのリンクで聴けます。イギリス風のポップ・ソングに聴こえますが、演奏するには難しくありません。オープン・チューニングの特徴が分かります。よろしくお願いします。
Ayuo

Ayuo – Across The Seasons
https://www.youtube.com/watch?v=OZnncajhExo

Ayuo - A Language You Can No Longer Speak (オープン・チューニング・ギターのライヴ演奏の映像)
https://www.youtube.com/watch?v=bNBKorjqpd0 Ayuo Workshop flier.jpg

4月13日のジェノームのライヴ

4月13日に次のジェノームのライヴがあります。
次回のライヴは内容にヴァラエティがあるライヴとなります。
下期に簡単な説明があります。
—————————-
—————————-
4月13日の終わった後の5月9日の夜には原宿のカーサモーツアルト
『オープン・チューニング・ギターとは何?』という
ソロ・ライヴ& オープン・チューニング・ギター・ワークショップ
が行う予定です。これはギターの初心者でも参加できるワークショップで、オープン・チューニング・ギターで一曲をみんなで演奏できるように指導します。この情報は次のダイレクトメールでお知らせいたします。
 —————————-
 —————————-
こないだ、Zipangu レーベルの横田義彰さんから電話があり、Zipangu レーベルのベスト盤をアナログ盤で出すという話しがありました。4人の選曲者が選んだ結果、8分半という長いアレンジにもかかわらず、2枚組の片面にAyuoのアレンジのロック・ヴァージョンの『Face of Another(映画「他人の顔」より)ワルツ』を入れたいという話しでした。『Face of Another(映画「他人の顔」より)ワルツ』は武満徹作曲の歌で勅使河原宏の監督した映画「他人の顔」のテーマ曲と映画の中で歌われている曲となっています。
久しぶりに、この曲を4月13日に演奏する予定になっています。
 —————————-
 —————————-
4月13日のプログラム:
 —————————-
1) Rakim  (イランのサントゥールの音楽に基づくオーストラリアのDead Can Danceの曲)
 —————————-
2) 迷っている子供  (オープン・チューニング・ギター、パーカッションと日本語の歌の曲)
Ayuo + Junzo Tateiwa – Lost Child (迷っている子供)
—————————-
3) The Max  (昨年他界したPrinceの曲を、ジェノーム風のアレンジで)
 —————————-
4) Face of Another (他人の顔よりのワルツ:武満徹作曲)(Ayuo: Vocals + Movements)
 —————————-
5) ナシャール + 立岩潤三 Duo
 —————————-
休憩
 —————————-
6) Little Furry Animals (最近ネコのキャラクターをイラストにした T シャツを作っています。この曲はこうしたキャラクター達に捧げる歌です。)
 —————————-
7) 生き物ってなにーScandalous Medley (ゲスト:Asako)
(Ayuoが書いた21世紀の遺伝子科学の考え方に基づく『生命の始まり - 生命とは何?』というテーマの対話。子供にも分かるように語る朗読作品。それとプリンスの曲のメドレー。)
 —————————-
8) ナシャール+ 守屋拓之 Duo
 —————————-
9) Eyes and Movements (数年前に作曲した音楽劇『ハワイ神話ペレ』よりの一つの場面。主人公の一人、ロヒアウが倒れて、他界したように思われているところに、魔法が出来る女神のヒイアカが生命の息を吹き込んで、生き返ります。様々なヴァージョンでやっていますが、今回はウクレレを含んだ新しいヴァージョン。)
 —————————-
10) Medley:Cantara – Drum + Nashaal duo – A Stranger Medley
(A Stranger はジョン・ゾーンのレーベル、Tzadikから発売されているAOIの1曲目です)
 —————————-
アンコールには、知られている曲の変わったアレンジ曲を選びます。
 —————————-
Ayuoの書いたネコのキャラクターのT シャツはライヴ会場で販売しています。
 —————————-
■日時
4/13(木)
開場 19:00
開演 19:30
■出演
Ayuo: 歌、ギター、ブズーキ、ダンス
立岩潤三: ドラム・パーカッション
岡野 勇仁:ピアノ、キーボード
守屋拓之: ベース
Nashaal: ダンス
■料金(予約制)
予約:¥ 3,300(ドリンク別)
当日:¥ 3,800(ドリンク別)
■場所
公園通りクラシックス(旧ジャアンジャアン)
〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町19-5
東京山手教会B1F
※渋谷・公園通りの山手協会地下(入り口は駐車場の下り坂の先です)
渋谷駅より徒歩5分
■ご予約方法
ご予約は予約フォームからお願いいたします