Zacro Ⅱ 再起動 7月6日(木)に神保町の試聴室 で

関西を一緒にツアーした沢田壤治さんと田沢麻紀(朗読)と一緒の初東京ライヴです。7月6日(木)に神保町の試聴室 で。バンド名Zacroは2001年頃に沢田さんと一緒にやっていたバンド名で沼直也 さんも当時のZacroのドラマーの一人でした。10年ぶりのZacroとしてライヴ。再起動。

008 (1).JPG

kobe live 3.jpgDSC04104_2.jpeg

2000年代前半にAyuoと沢田穣治がやっていたバンドZacro が新しく生まれ変わり、Zacro Ⅱとして再起動します。
Ayuoと沢田穣治の6月の関西ツアーの後に、ここに初めての東京のライヴがやります。6月3日には神戸の横尾忠則現代美術館で『子どもの目から見たサイケデリック文化』というスペシァル・ライヴ・アンド・トーク・イベントをやっていますが、これはその時のレパートリーを、東京でお見せするイベントになります。1960年代のニューヨークでサイケデリックのライヴをやっていたフィルモア・イーストやエレクリック・サーカスを子供の頃にに横尾忠則さんなどと見に行っていたAyuoのサイケデリック時代の経験を生かしたバンドになっていくでしょう!

Zacro Ⅱ
Ayuo (ヴォーカル、ギター、ウクレレ、ブズーキ、ピアノ、身体表現),
沢田穣治 (ベース、ギター),
沼直也 (ドラムス),
田沢麻紀 (朗読)】

2017年7月6日(木)
開場:19:00 / 開演:19:30
■料金:予約 2,500円 (1ドリンク, スナック込)
当日:3,000円 (1ドリンク, スナック込)

神保町試聴室
〒101-0065 東京都千代田区西神田3-8-5 ビル西神田1階
チケット申し込みページがこちらにあります:
http://shicho.org/2017/07/1event170706/

GENOME 第八夜のリハーサルよりの写真

genome rehearsal may 2017.jpg

GENOME 第八夜のリハーサルよりの写真。

今回もAYUOさんのオリジナルや朗読をはじめ、ここ数回で好評なプリンスやGENESISや、Dead can danceのカバーに加えて、武満徹やエリック・サティの名曲を完全にリハモ・アレンジしたものなど、バリエーションに富んだコンテンツとなってます。

5/25(木)19:30〜渋谷公園通りクラシックスにて、皆様のお越しをお待ちしております♪

■日時
5/25(木)
開場 19:00
開演 19:30

■出演
Ayuo: 歌、ギター、ブズーキ、ダンス
立岩潤三: ドラム・パーカッション
岡野 勇仁:ピアノ、キーボード
守屋拓之: ベース
Nashaal: ダンス

■料金(予約制)
予約:\ 3,300(ドリンク別)
当日:\ 3,800(ドリンク別)

■場所
公園通りクラシックス(旧ジャアンジャアン)
http://k-classics.net/
〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町19-5
東京山手教会B1F
※渋谷・公園通りの山手協会地下(入り口は駐車場の下り坂の先です)
渋谷駅より徒歩5分

Ayuoの書いたネコのT シャツを着てみたダンサーのナシャールさん

昨日のリハーサルでAyuoの書いたネコのT シャツを着てみたダンサーのナシャールさんです!
今は冬なので、少し厚い記事を使った長袖シャツを今度のライヴで初めて販売します。ご興味ある方は連絡をください!

ライヴのイベント・ページは:
https://www.facebook.com/events/1847336758812697/

よろしくお願いします。Ayuo

nashaal-wearing-ayuo-cat-tshirt-no-1

Beginnings

Beginnings (English below) – 小学5年生頃のAyuo と母の明本歌子。パーティーでデビット・ボウイややビートルズの曲を演奏していた。1960年代では、フランク・シナトラ、ジョビンとビートルズが多く家では聴こえていたと思う。小学生の頃、Ayuo自身は他にグレートフル・デッド、ドァーズ、ジェファーソン・エアプレーン、ピンク・フロイド、シド・バレット, ザ・フー等が好きだっと思う。中学生になると、キンクス、ジェネシス、ジョニ・ミッチェル、ルー・リード、ジョン・ケール、ニコ等を発見する。リンゼイ・ケンプ・カンパニーの音楽として中学生の終わり頃にラヴェルやワグナー等のクラシックも発見した。

Ayuo around the time he was in the fifth grade (11, I think) playing guitar at a party with Utako on piano. We used to play David Bowie, Beatles songs and some other things. During the 1960s, Ayuo was listening to a lot of The Doors, Grateful Dead, Jefferson Airplane, Pink Floyd, Syd Barrett, and The Who. Ayuo discovered the joys of listening to The Kinks, Genesis, Joni Mitchell, Lou reeed, John Cale, Nico while at middle school. Ayuo first heard Wagner and Ravel as background music for Lindsay Kemp’s production of “Salome” around the time he was 14.ayuo-11-years-old-playing-guitar-with-utako-on-piano

Lindsay Kemp’s Salome in 1975 in New York City.

lindsay-kemp-salome-whole-casrPhotography by Ayuo

I took photographs of Lindsay Kemp’s Salome in 1975 in New York City.
I was taking photography class at my middle school in Little Red School House.
Some of these photographs were published in Men’s Club magazine in Japan in 1975.

1975年にはニューヨークの学校で写真をクラスをとっていました。
その時に僕が取ったこれらのリンゼイ・ケンプの『サロメ』の写真は1975年のMen’s Clubの雑誌に載りました。シェアする場合はクレジットをお願いします。
photos© Ayuo
All rights reserved