ayuo-at-last-waltz-3Ayuo singing at Last Waltz in Shibuya. January 2014Ayuo

Advertisements

David Bowie’s Buddha of Suburbia (1993)

 

これは本当の名曲だ。最近、この曲を何度も聴いている。パキスタニ系イギリス人の作家、ハニフ・クレイシの自伝小説に基づいたテレビドラマの為にデビット・ボウイが作詞作曲したテーマ・ソング。ハニフ・クレイシはイスラム教の移民の家族に生まれて、1970年代にロンドンの郊外で思春期を迎えるというのはどういう事だったかを描きたかった。アイデンティティーの問題や移民社会とイギリス社会のかかわり方の問題も一つのテーマになっている。クレイシはボウイの曲を使っても良いか、と本人に聞いたら、『新しい曲を是非このドラマの為に書かせてくれ!』と言ったらしい。このドラマの為に作詞作曲した10曲入りのアルバムが出ている。Buddha of Suburbia (1993)。作家本人の描く世界と共感しているところが伝わってくる。ボウイ自身も、この映像で映っているようなロンドンの郊外で育った。この曲の歌い方に注目して欲しい。心に訴えるものが、この曲にある。

過去にAyuoが作ったToshibaの携帯電話のCM曲

こういった短いCMの曲が好きな人のために。過去に僕が作った携帯電話のCM曲。3種類ある。元々は5分程ある長野県の街の四李を見せている映像に使っていた曲からの抜粋だった。ヨーロッパの中世音楽風のモーダルなメロディーが不思議な空間を映像に与えている。
オリジナルの音源はこちらのリンク:
—————————————————

Facebookに、僕が知らない人が僕のartist page をアップしている

Facebookに、僕が知らない人が僕のartist page をアップしている。このページは英語のwikipedia (ウィキペディア)のページのコピーで、2000-2006年、ニューヨークのCDレーベル、TZADIKから3枚CDを出したいた時期に広まった様々な情報をまとめたものになっている。当時ニューヨーク市のWNEW-FM、ベルギー国立ラジオ、やニュージーランドの国立ラジオ等で一時間のインタビュー番組が流れ、情報はかなり正しい。レビューも記事も当時多くあった。
気に入った人は’いいね’のボタンを押してくれると嬉しい。英語だけなので、海外の人がアップしたのだと思う。
日本語のAyuoのウィキペディアの情報ページも知らない人が作ったものだが、こちらは仕事を一緒にしてきた人たちの名前がたくさん並んでいるページになっていて、音楽の情報については英語のウィキペディアのページの方が正しい。ウィキペディアについて詳しい人がいたら、日本語のページも英語のページのように直されてあったら、嬉しい。

https://www.facebook.com/pages/Ayuo-Takahashi/1512588215653861?fref=ts

Ayuo’s Theater-piece based on based on the 18th century Chinese novel “A Dream of Red Mansions”

 

For those who understand English and love Far Eastern literature, here is a track I composed and recorded in the late 80s in England. It is based on the 18th century Chinese novel “A Dream of Red Mansions”. Two girls who are living with relatives, go out together to compose some poetry in a park by the lake. It is night time. The moon is beautiful. Everyone else are celebrating the festival holidays, but these two have no parents to return to. They are lonely and their poetry is melancholic. The music is my version of a slowed down Wagnerian Music Theater. I would love to have the opportunity to create a large work of Music Theater for the stage, and am still hoping this could be realized one day.
The visuals here are from an experimental film by Kiyoshi Awazu. 3 of my CDs have jackets designed by him, and I have made music for his other films. The music here was not composed for this film, but the shadow images provide a way of listening to it. Darken the room. Turn the volume up. (the music is soft and slow.) Close your eyes. Let the images in the poetry carry you away to a distant land.

Ayuoの『I Dream, I Sleep』

これは2年位前のスタジオ録音。まだ、リリースされていない曲集のためのデモ録音。この曲、『I Dream, I Sleep』は音楽劇の中で歌ったり、現代舞踊協会のダンス公演の時にハープの弾き語りの曲として3-4回は演奏している。ライブで覚えている人もいるかもしれない。変則ギターのチューニングになっていて、ギターのチューニングはC,G,D,G,B,D.
Words and Music by Ayuo
performed by
Ayuo: Vocals, Irish Harp, Open-tuning Guitar in G/C bass, Bass
Junzo Tateiwa: Drums
Fumiko Kai: Violin
Takui Matumoto: Cello