Existence – Coming and Becoming by Ayuo (originally in English, translated into Japanese by Ayuo)

Existence – Coming and Becoming by Ayuo
(originally in English, translated by Ayuo)

(海の音が聴こえている中で読まれる)

 
想像してみて
君になってみることを

君の中では
分かるかもしれない

 
この海は私たちに
この生命を与えた
私らはほんのその一部

変化する
変身する
海になる
私があなたになる

 
一つが複数になり
複数が一つになった
お互い総合して
一つになった

 
海は一つのたとえ
川も一つのたとえ
a metaphor

 
一つのお花から、
新しいお花は生まれる
そして、新しく生まれたものを
抱きしめて、守りながら消えていく

あなたは私の一部
わたしであった物の延長
あなたの中で思い浮かんだ考えは
一つのリズムとなり
空間の中で感じられている

 
君の動きに私はいる
私の動きには
君の動き

 
今まで
生きていたもの
を総合したもの
が私

 
becoming and coming into existence
becoming something different
異なるものになってみる?
お魚になってみる
お花になってみる
鳥になってみる
私は雲になり、海になる
私は多くの生物になっていく

そして地球の空をまわっている
多くの存在と一つになった
多くの存在に私がいる

 
私は思想の海の中にも生きている
つなげていく経験を作りながら
空間の海で泳いでいる

 
私は流れる小川のさざなみ
ほかの物の一部になった
一つ一つの
さざなみの
さらさらの音は
一人一人の人

 
様々な思考に囲まれている私達
私たちよりも前の時代の人々の考え
私たちにとって意味がなさそうだった人々の考え

 
あなたの中に流れる思想は
一つのパターン
言葉は変わっていく
環境は変わっていく
考えも変わっていく
でも君は常に
この変身を続ける宇宙の一部

 
動く物ー動物
息をするー生きている

 
変化する
変身する
海になる
私があなたになる

 
We change
We transform
Become the sea
Become You

 


All Music and Lyrics have copyright.
They are registered internationally by JASRAC

Words, Music, Illustrations, Photos, Articles, Lyrics by Ayuo
© Ayuo All rights reserved

Ayuoの書いたネコのT シャツ

今Ayuoの書いたネコのT シャツを作っています。デザイナーとシルクスクリーンをやっている方たちとチームで作っています。これももう一つのデザイン。10何種類のデザインから選びます。次の11月24日のジェノームのライブで初めて販売する予定です。ご興味のある方、何かのアドヴァイスをしてくれる方は連絡をください。よろしくお願いします。Ayuo Takahashi
ジェノームのライヴのイベント・ページ:
https://www.facebook.com/events/1847336758812697/?active_tab=discussionTshirt_E

生き物って何? by Ayuo (Poetry with Music)

生き物って何? by Ayuo
A: ねえー、ねえー、人間って何?
B:何って?
A:人間って何で出来ている? どうして生きているの?生き物って何?
B: 生き物はみんな遠い宇宙の星くずから出来ているって偉い科学者が言っているの
を聞いた事があるよ。遠い宇宙から風に乗って、やって来たの。
A:私たち、宇宙人?
B:(首をふって)うん、うん。でもね、星の強い強い力で出来ているの。
地球に住んでいる生き物はみんな空に見える太陽の力で生きているの。
A:太陽が出ている日って熱いね。
B:そうね。強い光をみんなに与えているから熱く感じるのよ。
お花や草や野菜みたいな植物も太陽の力で育っているの。
それを牛や豚や鳥は食べてるの。
植物やお肉を食べると、そこからも太陽の力が人の体に入って行くの。
A:でも、どうやって人間になったの?
B:昔、昔、この私たちが住んでいる地球に,人間はまだ出来ていなかったの。
A:いなかったの?誰も?それじゃ猫は?
B:猫もいなかったの。
A:鳥は?
B:鳥もいなかったの。
A:お花はあったの?
B:お花もなかったの。
A:それじゃ、何があったの?
B:小さな生き物。大きな生き物は小さな生き物から出来ているの。

 

A:私達も本当はたくさんの小さな生き物から出来ているの?

でも、私一人の人に見えるよ。違うの?
B:長い、長い時間をかけて今のあなたになったのよ。
最初はね、昔、宇宙からやって来た小さな星くずが地球で生きる生き物に変わった
の。
A:どうやって?引っ越しをしていたの?
B:そうね。新しく住むことになったこの地球という場所にやって来て。ここに合う
生き方に慣れて行ったの。
まず、小さな生き物が集まって、水に住む小さな生き物になったの。それからま
た、時間をかけてお魚になったの。そして、海の中と地球の上に草が生えて来て。
海から地球の上に上がった生き物はワニになったり、トカゲになってり、鳥になっ
てり、大きな恐竜になったの。それから、ネズミや猫や犬になって、猿になって、そ
れからやっと人間になったの。長い、長い道だったのよ。
今でもみんな、人は生まれる時に、その人になるまでの長い旅をママのおなかの中
でしてから生まれるの。
人間の頭の中には、鳥と同じ脳みそがあるの。ネズミと同じ部分もあるの。そし
て、お猿さんと同じ部分もあるの。
昔の人達は、人がたくさんの生き物で出来ているって感じていたから、いろいろな
神様や女神さまを考えたの。いろいろな考えが頭の中で思い浮かんでくるじゃな
い。
A: 神様って?
B:神様について、いろいろな人がみんな違う事を言ったりしているけど、私はね、
宇宙を動かす大きな力だと思うの。そして、物語に出て来る、いろいろな神様や女
神さまは、その様々な力の表れだと思うの。
人はいろいろな生き物から出来ているからいろいろな力があるのよ。
A:私って一人?
B:(首をふって)うん、うん。一人じゃないの。
パパとママとその人のパパとママと、そのまたパパとママ。遠い昔、昔に戻るとお
猿さんになって、鳥になって、お花になるの。

そして宇宙の一部分なの。

The Warmth of Bodies by Ayuo

皆さま
この映像を是非見てみてください!
これは今月の私たちのグループジェノームのライヴを映像作家のCharlie kawamura (河村 雅範さん)が取って頂いたものです。
最近のライヴがどんな感じか?
これを少し見るだけでも、その一部が伝わると思います。
この曲はAyuoの作詞作曲の作品ですが、この曲の後にデヴィッド・ボウイのアルバムZiggy Stardustを1曲目から最後の曲まで演奏しました。その後に、立岩さんのイランのリズムの説明が入り、イランの曲をロックにした曲を演奏しました。そして、アンコールにはプリンスの『パープル・レイン』の1曲目のLet’ Go Crazy。
そして来月は、ここに写っているメンバーとダンサーのNashaal Naho Baba Barbaraと共にプリンスのトリビュート・ライブを公園通りクラシックスで11月24日にやりますが、自分たちのオリジナルな独特のヴァージョンのプリンスになると思います。是非ご期待ください!