アイデンティティーの問題を抱えている人達だ

https://www.theguardian.com/world/2015/nov/15/paris-attacker-omar-ismail-mostefai

英国新聞The Guardian よりパリの11月13日金曜日でロック・コンサートの会場でのテロを起こしたフランス国籍の人の一人について:“The people who do this kind of thing are born in France, they have an identity problem,”
『たいていのテロを起こす人達は、自分の国籍を持っている国(フランス)でのアイデンティティーの問題を抱えている人達だ。』また、自分の親や親戚の国の文化や言葉が分からなく、両親とも絶縁をし、自分の育ったフランスでフランス人としても認められない場合は彼らにアイデンティティーを与えてくれそうな信仰宗教団体について行ってしまう可能性がそれだけ強くなってしまう。1月のパリのテロ攻撃もそうだった。
“He wasn’t a troublemaker. He was someone who stood up for himself; you wouldn’t provoke him because you knew that he’d stand up for himself if you did. But he wasn’t someone who went looking for problems. He was calm; he wasn’t someone who you’d notice, who stood out.”
『彼はトラブルを起こす人ではなかった。彼を怒らせように挑発したり、差別をしてしまうと、それにちゃんと答えを返す人だった。彼は静かな人だった。彼はとくに目立たなかった。』
”イスラム教過激派”というシンプルな説明ではなく、どういった環境の人達が、このように追い込まれるかを研究する必要があると僕は強く思う。
また、誰がこのような人達を狙って洗脳しているのだろうか?
また、このテロ事件がすぐにシリア攻撃の強化とつながるのも怪しく見える。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s