ボウイが一番好きだったレコードの一つはこのジェームス・ブラウンの1962年のアポロ劇場のライブ

デヴィッド・ボウイが一番好きだったレコードの一つはこのジェームス・ブラウンの1962年のアポロ劇場のライブ。今度の10月6日のジェノームの『Ziggy Stardust』全曲ライブでも演奏する『Ziggy Stardust』の11曲目『Rock’N’Roll Suicide』は、このアルバムの2曲”Try Me”と “Lost Someone”がインスピレーションの元だとデヴィッド・ボウイは語っている。2オクターブ半以上の音域を必要とするこの曲は、ボウイの曲の曲の中でも広い歌のレンジを必要とする。歌詞の影響にはスペインの詩人、Manuel Machadoの『アンダルシアの歌』やフランスの詩人ボードレールとフランスのシャンソン歌手ジャック・ブレルの書いた曲”You’re Not Alone”と”Old Folks”からの言葉使いの影響が、この曲のストーリー・ラインを語るのに入っていると言われている。こうした文学と音楽の影響の独特なミックスはボウイらしい。
今度の『Ziggy Stardust アルバム全曲ーデヴィッド・ボウイ・トリビュート・ナイト』の情報が見れるフェイスブックのイベント・ページは次のところにあります。
Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s