選挙というお芝居

https://www.greenleft.org.au/content/john-pilger-world-war-has-begun-break-silence

科学ジャーナリスト、ドリオン・セーガンからのシェア。彼の母、リン・マーギュリスはビル・クリントンから直接にアメリカ国家科学賞の勲章をいただいている20世紀アメリカの最も偉大な生命科学者の一人と認められている方であるが、ここで抜粋されている記事のコメントではヒラリー・クリントンについての忠告が書いている。下記はコメントからの抜粋:

”アメリカの選挙”というお芝居では、ドナルド・トランプは狂っているファシストの役を演じている。彼はいやらしそうに見えるが、ヒラリー・クリントンもたいしたチャンピオンではない。彼女は全体主義のシステムを具現化している。彼女のメインのスポンサーはアメリカの戦争用の兵器を製造する企業とイスラエル・ロビーである。
ヒラリー・クリントンが国務長官であったとき、リビアにCIAを送り、リビアのカダフィを打倒して、リビアは混乱状態になった。そして、その次に同じアメリカのスタッフがシリアに送られ、シリアのアサド政権転覆の手助けをしていた。その結果、シリアの状態は悪化して、現在に至る。ヒラリーは従来民主党の中でもリベラルな人に見えるが、過去にも上院議員に当選後は、すぐにイラク戦争の開戦に賛成を出していた。
オバマの時代で、かつてのどんな大統領の時代よりも多くの原爆と武器が製造されてきた。それはどのように使われるのだろうか?
—————–
今回のアメリカの大統領選挙を見ていると、それぞれの人がある役割を演じているように、僕には見える。バーニー・サンダースは自分は社会主義者であって、アメリカを北欧のような社会主義国にすると言っている。彼には勝ち目がないと多くの人は見ているが、彼の役割は社会主義を良い言葉としてアメリカで定着させるためだろうという見方もある。かつて、冷戦時代では社会主義とは悪い政治システムの代表だった。冷戦時代にアメリカを社会主義国にするという大統領候補が出て、大統領になれそうになるほどの人気が出る事はありえなかった。しかし、スターリニズムは多くの命を奪っていて、ナチズムも正式な名前は国家社会主義党である。社会主義者が良い政治システムであるという考えが定着すると、次に来た人がどんな形でそれを利用するかがまだ分からない。
ドナルド・トランプは代表している共和党の持っているメディア、フォックス・テレビからも批判されている。政治の経験もあまりなく、テレビでスキャンダラスな事を言って人気が出たタレントというふうに書かれている事も多い。おそらく、彼の役目は”悪者”だが白人労働者階級に最もアピールするキャラを演じる事だろう。メディアはヒラリー・クリントンがリベラルで良さそうに見せている。しかし、そのように見えている人も当選後は、どんな立場を取るか?多くの人に見えない。

Dorion Sagan のページより:(John Pilgerの文章の抜粋)

In the circus known as the American presidential campaign, Donald Trump is being presented as a lunatic, a fascist. He is certainly odious but Hillary Clinton is no maverick. She embodies the violence of an exceptionalist system that is totalitarian; in 2008 she threatened to “totally obliterate” Iran with nuclear weapons. One of Clinton’s closest allies is Madeleine Albright who infamously celebrated on TV the death of half a million Iraqi children as “worth it.” Among Clinton’s biggest backers are the Israel lobby and the arms companies that fuel the violence in the Middle East. She and her husband have received a fortune from Wall Street. And yet, she is about to be ordained the women’s candidate, to see off the evil Trump, the official demon. A generation ago, a post-modern cult now known as “identity politics” stopped many intelligent, liberal-minded people examining the causes and individuals they supported…Self absorption, a kind of “me-ism,” became the new zeitgeist in privileged Western societies and signaled the demise of great collective movements against war, social injustice, inequality, racism and sexism. [excerpted]

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s